【大掃除の順番・コツまとめ】便利グッズ活用で効率的に!

次の年を気持ちよく迎えるためにも、年末の大掃除は大切ですよね。とはいえ、汚れの気になる箇所ばかりで、どこから手をつければ……と悩んでしまうもの。

大掃除を効率的に進めるためには、手をつける順番とコツを押さえることが大切です。また、便利グッズも上手に活用したいところ。できるだけ楽ちんに大掃除を終えられるよう、大掃除の順番とコツをチェックしておきましょう。

  • 65437
  • 2918
  • 0
  • クリップ

大掃除の基本! まずは不要なものの整理からスタート

大掃除で押さえるべきは、普段は手をつけられていない部分。溜まってしまった埃や汚れは、年内にきれいにしたいですよね。

大掃除を効率的に進めるコツは、最初に不要なものを捨てること。掃除をするときにはものを移動させますが、大掃除ともなるとその回数は増加。ものの移動をするだけでも一苦労です。できるだけ部屋の中をすっきりとさせた状態で大掃除を始めると、時間を短縮できますよ。

キッチンなら、冷蔵庫内の消費期限切れのものや、使わない調味料、ストック品などを処分しましょう。読まなくなった雑誌や着なくなった洋服を捨てると、スペースが広がり、掃除をしやすくなります。

効率的な大掃除の順番って?

不要なものを捨てたら、さっそく大掃除に取り掛かりましょう! 大掃除では、手をつける場所の順番も重要です。

掃除の基本は【奥から】そして【上から】始めること。埃は、上から下に落ちますので、床から掃除を始めると二度手間となってしまいます。

集めた埃やゴミは玄関を通って外へ捨てに行くので、玄関の掃除は最後にするのが正解です。戸建てなら2階から、マンションなどの場合は、玄関より一番遠い場所から大掃除を始めましょう。

そして、水回りからスタートさせるのも大掃除を効率的に進めるコツです。キッチンやお風呂などは、しつこい汚れがある箇所が多いため、つけ置きなどで時間がかかります。また、床に水が飛び散ってしまうこともあります。まずは水回りから大掃除を始めると、時間も手間も省略できるでしょう。

順番1:【キッチン】の大掃除のコツ

こまめに掃除をしていても、水垢や油汚れが溜まってしまうキッチン。大掃除では、普段はできない細かい部分を重点的にきれいにしていきましょう。

時間のかかる汚れのひどい部分から手をつけるのが、時間を上手に使うコツです。

◆照明・棚・冷蔵庫上の埃

◆換気扇・レンジフード・コンロなどのしつこい汚れ

◆冷蔵庫の中や棚の中

◆キッチンシンク(食器や鍋も一緒につけ置き)

◆シンク下や床下収納

などのように、つけ置きをしている間に別の箇所の作業を進められるとスムーズでしょう。

●換気扇

キッチンの換気扇の汚れのもとは、「油」と「埃」。溜まった汚れは雑菌の繁殖の原因にもなるため、大掃除では特に念入りにきれいにしたい部分ですよね。

換気扇で掃除をするべきは、フィルター、ファン、フードの3箇所です。

油汚れのついたフィルターとファンは、油を分解してくれるお湯とアルカリ性洗剤(重曹やセスキ炭酸ソーダでも可)に30分から1時間ほどつけ置きしましょう。しつこい汚れも簡単に落とせますよ。

換気扇やレンジフードの掃除方法!トイレやキッチンなど種類別

換気扇やレンジフードの掃除方法を徹底解説! トイレやキッチン、浴室など、種類ごとに詳しく掃除の方法を説明しています。換気扇掃除に必要な11種類のアイテムや重曹を使う際の大切な2つのポイントなど、換気扇の掃除に役立つこまかな情報も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

●レンジフード

換気扇を覆っているレンジフードの外側は、調理の際に湯気と一緒に立ち上った油と埃が混ざり合い、水で拭いてもきれいにはなりにくいもの。

そんな時は、換気扇フィルターの取り換えシートを使った「思考の整理収納塾 田川瑞枝」さんの掃除のコツを参考にしてみましょう。

換気扇フィルターは不織布なので、ザラザラとした面が汚れをこそげ落としてくれます。

▼思考の整理収納塾 田川瑞枝さんのアイデアはこちら▼

●コンロ(ガス・IH)

油や食品のカスなど、こびり付いた汚れが気になるコンロは、重曹を使うと掃除が楽になります。

頑固な汚れの場合は、ぬるま湯に重曹を溶かしたものにつけ置きをしましょう。

こびり付いたガンコ汚れを重曹で撃退!ガスコンロ掃除をとにかく徹底的にやってみた

料理のたびに使うガスコンロは、少々掃除をするのが面倒な場所。いつかまとめて掃除すればいいやと思い放っておくと、気づいた時には焦げつきなどがこびり付いて大変なことになっていた、なんてこともあります。そんな汚れがちなガスコンロを、徹底的に綺麗にしていきましょう!

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部

IHコンロの焦げつきは、セスキ炭酸ソーダできれいにすることができます。

セスキ炭酸ソーダをふりかけて、アルミたわしなどでくるくると擦るだけと簡単! 「yukiko_ismart」さんのアイデアを参考にしてみては? 

●冷蔵庫

冷蔵庫の掃除も、基本は「奥から」。まずは、中の食材などを全て外に出しましょう。

冷蔵庫内や棚の汚れは、ホットタオルを使うと、力を入れなくても落としやすくなります。

また、液漏れをしていないか確認して、底を拭くことも忘れずに。そのまま冷蔵庫へ戻してしまっては、せっかくの大掃除が無駄になってしまいます。

こびり付き、なかなか取れない冷蔵庫内の汚れは、お湯を使って落としやすくするのがコツ。「清掃収納マイスター 山崎由香」さんのアイデアを参考に、HOTセスキ水を使って落としましょう。

▼「清掃収納マイスター 山崎由香」さんのアイデアはこちら▼

【冷蔵庫も大掃除】 セスキ炭酸ソーダーで金運UP♡掃除術

毎日使う冷蔵庫。 年末年始はお客様が来て、冷蔵庫を開けられることも!? 食べ物飲み物の汁がこぼれて、ガチガチに固まっていないですか? 風水では【冷蔵庫=金庫】と言われています。 キレイをキープしたいですよね。 でも、口に入れるものを保管するからきつい洗剤は使いたくない… そんな時も大丈夫! ポイントは【お湯】 冷蔵庫の中をスッキリ♡キレイにお掃除して、金運もUPしちゃいましょう(^^♪

清掃収納マイスター 山崎由香

●キッチンシンク

キッチンシンクの大掃除では、水垢、石鹸カス、排水口のヌルヌルなどが気になるところではないでしょうか。

細かい傷がつくと汚れが溜まりやすくなるステンレスのキッチンシンク。おすすめの大掃除の方法は、オキシクリーンを使ったつけ置きです。

一緒に食器や鍋、水切りかごやザルも入れれば、同時にスッキリきれいになりますよ。

▼「__________7hm7_____」さんのアイデアはこちら▼

また、排水口からの嫌な臭いが気になる場合は、タオル1枚でできる「Fujinao(フジナオ)」さんのアイデアも一緒に試してみてはいかがでしょうか。

配管にこびりついた生ごみの屑や油汚れ、洗剤のカスなどを、お湯の力と水圧で一気にきれいにすることができるそうです! 

▼「Fujinao(フジナオ)」さんのアイデアはこちら▼

古タオル一枚で!キッチンの排水管をリセットしよう!

キッチンの排水管の中ってなかなか自分ではお掃除できませんよね。 でも、日々生活していると生ごみの屑や油汚れが配管にこびりついて、最悪排水溝が詰まってしまうことも…! 「ん?なんだか水の流れが悪いかも?」と感じたらこの方法を一度試してみませんか? ご家庭にある古タオル一枚でできますのでとってもお手軽に排水管をリセットできますよ!

Fujinao(フジナオ)

順番2:【お風呂】の大掃除のコツ

キッチンに次いで掃除する箇所が多いお風呂の大掃除では、カビやぬめりに加えて、天井の換気扇もきれいにしましょう。

場所や汚れ別に、おすすめのアイデアをご紹介します。

※お風呂掃除用の洗剤は、混ざると危険な組み合わせがあります。事前によく調べてから、安全に行いましょう。

●換気扇

お風呂の換気扇は、湿気と一緒に埃も吸い上げるため、意外にも汚れの溜まりやすい箇所です。

「__________7hm7_____」さんのアイデアを参考に、オキシクリーンを使ってつけ置き洗いをするのが楽にきれいにするコツです。

▼「__________7hm7_____」さんのアイデアはこちら▼

●水垢

蛇口だけでなく、鏡や洗面器などにも付く水垢には、クエン酸を使うと効果的です。

クエン酸をスプレーし、キッチンペーパーとラップを使って湿布すると、きれいになります。

▼「清掃収納マイスター 山崎由香」さんのアイデアはこちら▼

【クエン酸】使い方マニュアル♡大掃除もバッチリ!

エコ洗剤の代表と言えば「重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダー」 前回は「重曹」の使い方の説明をさせて頂きました。 重曹に比べるとマイナーなのが「クエン酸」 私は、そのクエン酸が大好きです♡ クエン酸にしかできないパワーを使って、大掃除を乗り切る方法をご紹介いたします。

清掃収納マイスター 山崎由香

●カビ

お風呂のカビには、カビ取り剤を使用する方も多いですよね。とはいえ液体のため、液だれして流れていってしまうことも……。

塩素系漂白剤+片栗粉を使う「4696mono1222_shoko」さんのアイデアなら、放置時間はなんと5分! 

仕上げに熱いお湯で流すことで、さらにしっかりとカビを撃退できるそうです。

▼「4696mono1222_shoko」さんのアイデアはこちら▼

順番3:【トイレ】の大掃除のコツ

トイレの大掃除では、便器・ウォシュレット・タンク・床だけでなく、天井や壁もきれいにしましょう。

アルカリ性の尿石などの汚れには、クエン酸を使うのがコツです。「4696mono1222_shoko」さんのクエン酸パックのアイデアが参考になりますよ♪ 

▼「4696mono1222_shoko」さんのアイデアはこちら▼

順番4:【洗面所】の大掃除のコツ

毎日使う洗面所は、湿気が溜まりやすく、汚れの気になる箇所。鏡や蛇口の水垢、シンク下収納、ハンドソープの下のヌメリなど、しっかりときれいにしたいですね。

洗面ボウルだけでなく、蛇口なども一度にきれいにできるのが、重曹を使う「__________7hm7_____」さんのアイデア。

メラミンスポンジも組み合わせて使うと、さらにきれいになります。

歯磨きや洗顔で使う水が出てくる蛇口部分は、常に水分があるため、カビの温床となってしまいます。

重曹を溶かしたぬるま湯にクエン酸を少し入れるだけで、モコモコと泡が立ち、細かな蛇口部分の汚れもしっかり浮かせて汚れを落としてくれるそうです。

▼「__________7hm7_____」さんのアイデアはこちら▼

寝る前たった5分!洗面台をピカピカリセット♪

多くのお家が脱衣場に洗面台があると思いますが、服の脱ぎ着、お風呂上がりのタオルの使用によってすぐに埃だらけになったりしますよね!寝る前に簡単リセットすることで翌朝、気持ちよく洗顔、歯磨きをする事が出来ますね♪ 簡単リセットでたった5分で出来るので是非寝る前リセットを習慣付けてみませんか?

__________7hm7_____

重曹+メラミンスポンジでも落ちないほど厄介な水垢の場合は、紙ヤスリまたはサンドペーパーを使うのが、「A+organize」さんが紹介されているきれいにするコツです。

紙ヤスリやサンドペーパーは、数字が小さいほど目が荒く、大きいほど細かくなります。傷がつかないよう、細かい目のものを使いましょう。

▼「A+organize」さんのアイデアはこちら▼

順番6:【玄関】の大掃除のコツ

家の中の大掃除が終わったら、最後に玄関をきれいにしましょう! 

下駄箱の中の靴を全て出し、棚の中の砂や埃を取り除きます。水もしくは洗剤で拭いたあとは、乾いた雑巾などで拭いて水分を取り切りましょう。

最後に、傘立てなども外に出し、玄関の床をきれいにします。「4696mono1222_shoko」さんがおすすめしているのは、セスキ炭酸ソーダを使った掃除方法。

一緒にメラミンスポンジを使うことで、ザラザラした材質のタイルもピカピカになるそうです。

▼「4696mono1222_shoko」さんのアイデアはこちら▼

100均アイテムも活躍!大掃除の便利グッズ

大掃除を効率的にすませる順番とコツをご紹介してきましたが、最後に掃除上手な方が使っている便利グッズをご紹介します。

100均でも手に入るアイテムがたくさん! 洗剤系とアイテム別にご紹介しますので、まとめてチェックして、足りないものを準備しておきましょう。

●洗剤系

◆セスキ炭酸ソーダ

重曹よりも水に溶けやすく、脂肪酸やタンパク質を溶かす効果があります。水に溶かして使う場合の配合は、【水:100ml】に対して、【セスキ炭酸ソーダ:1g】で作ります。

おすすめの使用先:キッチンのベタつき汚れ・しつこい油汚れの下処理・手垢汚れ・血液汚れ・玄関タイルの黒ずみなど

◆クエン酸

水垢、石鹸カス、アンモニア臭、タバコの臭いなど、アルカリ性の汚れ・臭いを落とす性質があります。塩素系漂白剤と混ぜると有毒なガスが発生するため、使用時は注意しましょう。

おすすめの使用先:水垢・トイレ掃除など

◆重曹

油汚れなどの酸性の汚れに効果があります。消臭作用もあり、掃除に使うのに適しています。また、研磨作用があるため、漆器や大理石などへの使用は控えましょう。

おすすめの使用先:油汚れ・焦げ落とし・電子レンジ・排水溝のヌメリなど

◆オキシクリーン

酸素系漂白剤のため、塩素系漂白剤のような刺激臭がありません。汗ジミ、黄ばみ、泥汚れなど、衣類の汚れを落とすことができます。

おすすめの使用先:洗濯・キッチンシンク・浴槽・茶渋・泥汚れなど

◆ウタマロクリーナー

中性の住宅用クリーナーのため、酸性の油汚れにも、アルカリ性の水垢汚れにも使用できます。スプレーをして拭き取るだけと、2度拭きの必要がなく、掃除の時間を短縮できます。

おすすめの使用先:お風呂・トイレ・換気扇・レンジ・床・窓ガラスなど

●アイテム

◆メラミンスポンジ

洗剤を使わずに水だけで汚れを落とすことができるスポンジです。硬いメラミン樹脂製のため、こびりついた汚れにも効果があります。頑固な汚れの場合は、洗剤と組み合わせて使うこともできます。

おすすめの使用先:水垢汚れ、油汚れ、黒ずみ、土汚れなど

◆不織布

織らない布のため、通気性や吸水性があります。汚れの拭き取りに向いていて、価格が手頃なため、大掃除では様々な箇所で活躍します。

おすすめの使用先:キッチンなど

やり方次第で少しでも楽に大掃除を!

1年間暮らした我が家をきれいにするのが大掃除。日々の生活をする場所がすっきりすれば、より新しい気持ちで新年を迎えることができます。

効率的に進められる大掃除の順番とコツ、そして便利グッズを参考にしてみてくださいね♪ 


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 65437
  • 2918
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード