冷凍パイシートでとっても簡単! 本格ガレット・デ・ロワの作り方

ここ数年、デパートやお菓子屋さんなどでも「ガレット・デ・ロワ」を目にするようになりましたね。「ガレット・デ・ロワ」とは、フランスで1月6日の公現節(エピファニー)に食べられるお菓子で、新年のお祝いに欠かせないフランスの伝統菓子です。

  • 31383
  • 576
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新年のパーティーに「ガレット・デ・ロワ」はいかが?

パイ生地にアーモンドクリームを入れ、フェーブと呼ばれる小さな陶器の人形をひとつしのばせて丸く焼き上げる「ガレット・デ・ロワ」。切り分けたパイの中からこのフェーブが出てきた人は、その日は王様(女王様)として王冠をかぶり祝福されます。

見た目は難しそうに見えるこのお菓子も、冷凍パイシートを使用したらとっても簡単に作れちゃいますよ。サクサクのパイ生地に、ほっくりとしたアーモンドのクリームは病みつきになる美味しさです。何より、フェーブが誰に当たるかで、毎回盛り上がること間違い無し!

ぜひ、今年は家族やお友達と手作り「ガレット・ デ・ロワ」で新年のお祝いをしてみてくださいね。

【材料】(直径約18cm1台分)
・冷凍パイシート(約9×17cm前後)……4枚(17~18cm角のものは2枚)
・無塩バター……50g
・グラニュー糖……50g
・卵(M寸)……1個
・アーモンドパウダー……50g
・卵……適量
・フェーブ……1個
・紙の王冠……1個

※下準備:オーブンは200度であらかじめ温めておく。

「ガレット・デ・ロワ」の作り方

1. 常温に戻したバターにグラニュー糖を加えてホイッパーで混ぜます。

2. 卵(M寸)を3~4回に分けて加えて混ぜます。

3. アーモンドパウダーを加えて混ぜます。

4. 冷凍パイシート1枚の1辺に1~2cm幅に卵を刷毛で塗り(写真上)、別の冷凍パイシートを卵を塗った上に重ねて貼り付けます(写真下)。これを2組作ります。17~18cm角のパイシートの場合はこの作業は不要です。

5. 天板にオーブンシートを敷き、4の1組を乗せ、鍋の蓋などを使って直径17~18cmの円の印をつけます。もう1組にも同様に印をつけてください。

6. 5の2cm内側くらいに3をスプーンで広げます。

7.フェーブを入れ、クリームを上からかぶせて見えないようにします。

8. 7のクリームの外側から円の印のところまで、卵を塗ります。

9. もう一組の生地を上からかぶせて、円の印の上をナイフでカットします。生地がやわらかい場合は冷凍庫で少し冷やして、カットしやすい状態に戻してから作業してください。

10. 側面にナイフの背で1周切れ込みを入れます。

11. 上面に卵を塗り、生地に穴をあけないように、生地の表面にナイフで模様を入れます。

12. 上面の中央にナイフで生地を刺して空気穴をあけます。

13. 200度のオーブンで約25分、その後180度で25分の合計約50分焼きます。

「ガレット・デ・ロワ」のポイント

鍋の蓋で印をつけたり、クリームを広げてもらったり、フェーブを入れてもらったりと、お子さんと一緒にできる作業がたくさんあるので、ぜひ親子で挑戦してみてくださいね。

また、食べる際には陶器の人形が入っているため、間違ってお子さんが誤飲しないように気をつけてあげてくださいね。

●ライター 木村幸子


LIMIAからのお知らせ

GoToトラベルで最大50%お得✨
「楽天トラベル」ならクーポン併用最大2枚まで可能。さらにポイントキャンペーンも開催中!
楽天ポイントも貯まる!プラン・リーズナブルから高級まで楽天限定プランも続々!

  • 31383
  • 576
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード