【クリスマス・正月に♪応用編】プチプラ商品で超簡単!ワンランク上のテーブルコーデ

お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。せっかくなら、プチプラアイテムを使って、“ワンランク上のおもてなし”に挑戦してみませんか? 今回は月に10回はホームパーティーを開くという、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさんとゴウキさんに、クリスマスやお正月に使いまわせる「テーブルコーデと盛り付けのコツ」をうかがいました! 

レッドとグリーンのクロスはクリスマスにもお正月にも使える!

〔てとてと〕のすてきなキッチン。お料理教室も開催しています

それでは、【応用編】開始! クリスマスやお正月に使える簡単・プチプラの「おもてなしのテーブルコーデ」のコツはどのようなものなのでしょうか? 今回も、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕で、食卓のコーディネートを担当するモモコさんにお話をうかがいます♪

「『特別感』を出したいときは、『テーブルクロス』『テーブルランナー』『お皿の統一』『お花や植物』に気をつかいましょう」(モモコさん)

この4つのポイントを抑えれば、いつもと違う「特別感」を出しやすくなるそう。

まずはテーブルクロスの色選びから。

「クリスマスやお正月の色選びは、落ち着いた色味の『レッド』や『グリーン』がおすすめ。この2色を持っていれば年末年始に使い回すことができます」

確かにレッドとグリーンは、クリスマスはリースに、年明けにはお正月飾りによく使われる色です。今回はグリーンのクロスを敷いて、レッドのクロスを縦に畳み、テーブルランナーとして利用することにしました!

【クリスマス テーブルコーデ】プチプラ小物選びのコツは?

クリスマスのテーブルコーデにはやはり季節の植物を使いたいですよね。

こちらは、近所のお花屋さんで買ったという、もみの木やひのきなどの枝葉。飾り付けのベースに使います。

つぎに、こちらは都内に3店舗ある〔ビックフラワー〕で買ったというヒメリンゴ。

どちらもクリスマスっぽい色味のアイテムです。まずはこの2つをテーブルに置いてみます。

うーん......。なんだかパッとしないですね。

モモコさん、こんなときはどうすればいいでしょう? 

「こういうときこそ、100均やプチプラのアイテムが役に立ちます。特にクリスマスシーズンはキャンドルがぴったり」(モモコさん)

こうして取り出してきてくれたのは、〔フライングタイガー〕で買ったという、さまざまな大きさのナチュラルテイストのキャンドル。

「食器はもちろん、飾り付けも、複数個使うものは色味や質感など、テイストをそろえるのがベターですよ」(モモコさん)

たしかに今回の飾りつけは木の枝を使うので、ナチュラルテイストのキャンドルは合いそうです!

「クリスマスといえば松ぼっくり。これは〔ナチュラルキッチン〕で買いました。これだけで一気にクリスマスっぽくなります」(モモコさん)

この2つのアイテムを追加するとどうなるのでしょうか? 置いてみましょう!

一気に華やかになりました! 4種類の材料をただ置いただけなのに、クリスマス感もしっかり出ています。

配置のバランスは、【基礎編】と同様に材料を足したり引いたりしてみて、ベストバランスを見つけましょう♪

キャンドルの大きさが違うので、飾り付けにも変化が出ますね♪ どの席からみてもいい仕上がり。パーティーの料理もおいしく見えそうです!

【お正月テーブルコーデ】飾り付けのコツは?

「お正月のコーディネートは、和風になるように心がけましょう。今回使った草木は、庭に生えているナンテンの葉です。」(モモコさん)

ナンテンの木は、日陰でも育てやすく、ベランダでも栽培できる植物なので、育ててみるのもいいかもしれません! 活けている枝はクリスマス用に買ったものを再利用。お正月の生け花にも使える菊の花を挿すと、パッと華やかになります。なにかと忙しいお正月のテーブルコーディネートは、クロスはそのままに、飾り付けは和を感じる植物やお花で【基礎編】と同様にまとめるのが良さそうです♪

今回は飾り付けにイチジクを使っていますが、お正月の果物といえば......キンカンや、みかんなどの果物も合うかも? テーブルコーデのコツがわかってきた気がします!

お正月はお料理も華やかなので、お皿はストーンプレートでシックに。

「黒いお皿は料理の色が引き立つので、よく使います。こだわりの作家もののお皿を使うこともあるけれど、500円で買ったこのストーンプレートは使い勝手がとってもいいんです。盛り付けもしやすいのでよく使っています」(モモコさん)

プチプラのプレートなのに、料亭のような上品さと高級感が出ますね! 年始のおめでたい雰囲気にぴったりです♪ 

【お正月テーブルコーデ】番外編! お皿と草木を変えたらどうなる?

それでは、同じコーディネートでお皿と飾り付けの植物を変えるとどうなるのでしょうか? お皿を作家ものの白いお皿に、ナンテンの葉を木の枝のオブジェに変えてみます。

和の雰囲気を残しつつ、明るい印象になりました! とっておきのお皿を使って、こんな遊び心のあるコーディネートに挑戦してみるのもいいかもしれません♪

クリスマス・正月に使えるテーブルコーデ【応用編】はこれにて終了です。モモコさん、ありがとうございました!

ん......? なんだかおいしそうな香りがします......。

モモコさんがサポートしながら、〔てとてと〕の料理担当、ゴウキさんがテキパキと料理を作っています!

年末年始の料理って、豪華でもワンパターンになりがちですよね。ここからは「同じ料理でもワンランク上をいく! お料理の盛り付け方」をゴウキさんにうかがいましょう♪

【洋風料理編】ワンランク上をいく! 盛り付けのコツ

「洋風の料理の盛り付けのポイントは、フルーツです」(ゴウキさん)

ゴウキさんいわく、料理にフルーツを合わせると、見た目も味も一気に洋風になるのだとか。今回ゴウキさんが作るメイン料理は、ローストポーク。付け合わせの野菜などを下に敷いて高さを出し、果物やソースでお皿を演出します。

見た目も鮮やかでおいしそう。食べてみると、フルーツの酸味が意外とお肉に合うんです♪

【和風料理編】ワンランク上をいく! 盛り付けのコツ

年末年始こそ、料理でも和の雰囲気を感じたいですよね。同じ料理でも和風に変えることはできるのでしょうか?

「メインが同じローストポークでも、和風の盛り付けは野菜、ゴマなどで仕上げて植物を添える。それだけで見た目がガラッと変わるんです」(ゴウキさん)

確かに、同じ料理でも見え方が全然違います! 作るのが面倒なときは、スーパーのお刺身をこんな風に盛り付けるのもおすすめですよ♪

とある日のテーブルコーデ

クリスマスやお正月以外にも、基本を抑えて応用すれば、このようなテーブルコーディネートもできますよ♪

前菜のシンプルな料理でも、食卓が華やぐことで、よりおいしそうに見えます! これからのパーティーシーズンこそ、「ワンランク上のテーブルコーデ」をぜひ試してみましょう♪

▼基礎編はこちら▼

【基礎編】プチプラ商品で超簡単!3ステップで学ぶワンランク上のテーブルコーデ

お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。せっかくなら、プチプラアイテムを使って、“ワンランク上のおもてなし”に挑戦してみませんか? 今回は月に10回はホームパーティーを開くという、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさんに、食卓を華やかにする「テーブルコーデの基本」をうかがいました!

LIMIA グルメ部

おもてなし夫婦ユニット てとてと

o-f-p.jp/

撮影:長谷川 健太

料理を通して場を創造するおもてなし夫婦ユニットです。東京 自由が丘にある築40年のビンテージマンションをフルリノベーションし、自宅兼〔てとてと食堂〕として完全予約制の食事会を開催しています。

●書き手・写真 宇治田エリ

  • 20277
  • 88
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー