郊外暮らしのバルコニー活用術

ここ数年、すっかり定着しつつあるテレワーク。在宅勤務はもちろん、観光地やリゾート地で働きながら休暇を楽しむワーケーションなど、場所にとらわれない多様なワークスタイルが増えました。最近は、どこにいても仕事ができるので、せっかくなら都会から離れて自然豊かな場所に住みたい、もっと趣味を楽しめる場所で暮らしたいと、田舎への移住を検討される方も増えているようです。

  • 857
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

登山が好きな方であれば緑に囲まれた山の近く、釣りやサーフィンが趣味であれば海の近くに生活の拠点を移すと、仕事と遊びにメリハリのある充実した毎日を過ごせます。お子さまがいる方なら、自然を身近に感じられる田舎でのびのびと子育てがしたい、と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、そうした田舎暮らしの魅力を理解していても、「週に1、2回は出勤するから移動が大変」「田舎暮らしになじめるだろうか」と、なかなか移住という選択には踏み切れないもの。そんな方におすすめしたいのが、田舎と都会のちょうど間に位置する「郊外暮らし」という選択です。

「ちょうどいい」をかなえる、郊外の生活

完全な田舎暮しとは異なり、ある程度、交通機関が充実している郊外は都市部へのアクセスも良好で、月に数回のオフィスへの出社にも無理がありません。休日は都市部にはない大型のショッピングセンターやレジャー施設などへのお出かけも楽しめます。

少し足をのばせば、山、海、川など豊かな自然と触れ合うことができます。ほどよい距離にある自然と都会へのアクセスの良さを持つ郊外は、これからの暮らしにぴったりな 「ちょうどいい」場所と言えそうです。

コロナ禍における、郊外・田舎・都会の暮らしに対する調査結果を比べても、自然の豊かさと利便性の良いとこどりができる郊外は「暮らしてみたい」「暮らし続けたい」という声が55%と、他よりも多く見られました。

そんな魅力がたくさんの郊外暮らしですが、マンションであれば、ぜひ積極的に活用していただきたいスペースがバルコニーです。

郊外暮らしの魅力がアップするバルコニー空間

バルコニーは自宅にいながら外の自然を身近に感じられるスペース。洗濯物を干すだけでなく、チェアやテーブルを置いてカフェテラスのようにのんびり過ごしたり、室内から景色を眺めたりすることで、自然の心地よさを自宅にも取り入れることができます。

また、キャンプが趣味の方や、あまり遠方まで出かけたくないという方なら、バルコニーを使ったベランピングなど、自宅にいながらアウトドアのレジャーを楽しめます。

特に郊外型のマンションには、海や山などの景色を活かした眺めの良い部屋や、バルコニーを広くとった間取りのマンションが多くあります。そうした部屋を選ぶことで、郊外暮らしならではの都会では味わえない豊かな毎日を手に入れることができます。

あなたの「ちょうどいい暮らし」を見つけませんか?

with Balconyでは、こうした魅力ある郊外のロケーションとバルコニーを上手にミックスした豊かなライフスタイルを「Suburban Life」と名付け、これからのちょうどいい暮らし方のひとつとしてWEBサイトや動画でご紹介しています。

さらに、こうした郊外のロケーションを活かした、具体的なバルコニーのコーディネート術をまとめた「BALCONY COORDINATION BOOK vol.03」も新たに作成しました。

この新しいカタログでは、「はたらく」「たのしむ」「ながめる」という3つのテーマで、郊外暮らしでのバルコニー活用のコツを豊富にご紹介しています。

今なら、インテリアコーディネーター監修のバルコニーの基本的なコーディネートの手順や実例を紹介したvol.01と、バルコニーを使ってワークスペースやおうち時間を楽しむための空間づくりのポイントを紹介したvol.02とまとめて、3冊セットでお届けいたします。

ぜひこの機会に資料請求して、郊外暮らしに興味のある方も、ご自宅のバルコニーをもっと快適にしたいと考えている方も、あなたにちょうどいい住まいづくりに役立ててくださいね。

  • 857
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

クレガーレさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア