貴重なヴィンテージ無垢板を未来へ!

使われず眠っていた(眠っている)良質な古材を、ヘリテージ "世襲財産" として未来に伝えるべく新しい家具などにリメイクするプロジェクトのご提案です。

  • 1555
  • 13
  • 2
  • いいね
  • クリップ

ケヤキと思える古い板が手に入りました。街路樹や庭木などでよく見かけるケヤキですが、木目が美しく、磨くと光沢があり、堅くて磨耗に強いので、古来より家具や家屋の大黒柱など建築用材として多用されてきました。現在ではかなり高価な木材のひとつです。・・・とはいえ、貴重なヴィンテージ無垢板も、使われず、輝きを失った状態で眠ったままにしてはモッタイナイ!きちんと磨いて次の時代に伝えよう!との思いから、オリジナルデザインでベンチを作ることにしました。

削っては研き、削っては磨く・・・

サンドペーパーを使って研きまくること丸二日(汗)くすんでいた表情から鮮やかな赤みの心材と木目が現れてきました。手で撫でてみて滑らかな状態になるとオリーブオイルで潤いと輝きを与えることに・・・

以前、生の胡桃油で仕上げたことがあるのですが、今回は同じ植物性の油でもあるオリーブオイルを馴染ませながら磨きました。

一度塗りでも ↑ これだけ彩りや艶が違ってきました ^m^ ♪

いつものデザインを少し改良・・・

座板を影で支えるフレームは艶消しのブラックに塗られていますが、スリット効果で軽やかな印象に。側貫の丸棒は掃除し易く脚元からクリアランスを設けています。全ての部材の組み立ては、長く使って脚が傷んできても、座板や脚の組み替えなど、メンテナンス出来るように、カラービスの化粧現し留めとしました d( ̄▽ ̄)

元々一枚モノの板でしたが途中で折れてしまったか、切られてしまっていたので、長さ(ベンチにとっては幅)の異なる2タイプとなりました。一列に並べると、およそ一間(畳一枚分)1.8m になります。

ダイニングテーブルをL型に囲むとホームパーティーにも重宝しそうです d^_^

眠っていた古材が、1組あると重宝するベンチに新しく生まれ変わりました!

※※※

我が家にこんな古材があるんだけど・・・今度新築で古い家を解体するので、廃材となる前に思い出の柱や床材を使って・・・次世代に何かを伝えてみませんか? ( ´ ▽ ` )ノ


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 1555
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

広島を拠点に活動している一級建築士事務所です。住宅、集合住宅、店舗や事務所など、用途や規模問わず全ての建築物の企画・設計&監理を承っています。リノベーション(増…

おすすめのアイデア

話題のキーワード