ゴチャゴチャになりやすい下着の収納。一つの引き出しに綺麗に収納するダイソーカゴ!

下着の収納スペースは、出来れば一つの引き出しに収めたいですね。
引き出し開けたらささっと取り出せると楽ですね。
でもショーツなど、小さなものは引き出しの中でゴチャゴチャに…
引出しの中で2段に分けられたらショーツも綺麗に入るのに…
ということでダイソーのカゴで引出しの中を、
簡単に2段に分けて収納する方法をご紹介します。
写真はクライアントのお嬢様がレッスンでされたモノです(掲載許可あり)

  • 28405
  • 118
  • 0
  • いいね
  • クリップ

引出しの一部です。
高さ的に、ブラジャーやキャミソールは綺麗に見えるように収納できるので問題ありません。
問題はゴチャゴチャになりやすいショーツ。
カゴに並べて見たけど、これでは足りず…
引出しの高さも、あと半分程度余っています。
奥のピンクのカゴの中は冬限定なので、まとめて奥に収納しています。

下のカゴの半分の大きさのカゴを置いてみました。
ちょうど、重ねられるように作られているのでカチッとはまり、前後スムーズに動きます。
スライドさせるだけで下のモノが見えるから、私が思うにはこれが一番使いやすい状態だと思います。

でも、これでも足りなかったので…もう一つ同じカゴを置きました。

もう一つカゴを乗せました。
これなら下のカゴを上に重ねれば良いような…
でも、例えばショーツ類が減ったとき半分のカゴ一つで済むようになりますね。
その状態が一番便利ですね。
と言っても、この状態も一つ持ち上げればショーツが見えるのですから
ゴチャゴチャよりはいいと思われる方にはなかなか便利だと思います。

【まとめ】
今回は、この方法で下着の収納をしていますが
この方法は、意外とたくさんの場所で便利に活用できます。
深い引出しに小さなモノを収納するパターンですね。
例えば、キッチンシンク下の深さのある引出し。
ここはお鍋など、ある程度 大きなモノを収納するスペースですが
ここにどうしても小物を収納したいと思われる方には良いです。
下に大きなカゴ(大きめのタッパー収納) その上に、それより小さめか同じ大きさのカゴを置き、
普段使いのタッパーを収納する。
カゴは重ねられるタイプのモノがあれば良いですが、大きさによってなかなか見つからない事もあります。
そんな時はお店で重なり具合を確認して問題なければ良しとすれば良いのではないかと思います。

他にも、食器棚や洗面化粧台のシンク下など、ストック類の上のカゴには軽いモノ、
下のカゴには重いモノを収納すると便利です。

  • 28405
  • 118
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

二級建築士 住空間収納プランナー認定講師福祉住環境コーディネーター2級収納スペースの内部の仕切りまで、人と持ちモノに合わせて片付く収納設計・収納方法により、ら…

おすすめのアイデア

話題のキーワード