《ふるさと本舗》で意外と簡単“ふるさと納税”♪ギモンやお悩みに詳しくお答えします!

いま話題の“ふるさと納税”。「そもそもふるさと納税ってなに?」「気にはなるけど面倒そう……」「ネットで簡単にできるサービスはないの?」そんなギモンやお悩みに応えるべく、ふるさと納税に関するあれこれや、便利なサービス《ふるさと本舗》について詳しくご紹介します♪

  • 13573
  • 199
  • 1
  • クリップ

ふるさと納税ってよく聞くけど……

近年注目されている“ふるさと納税”。最近はとくに耳にする機会が増えたのではないでしょうか?

そんなふるさと納税ですが、「名前は聞いたことある」「なんだかお得で流行ってるみたいだけど、詳しくはわからない……」という方も多いのではないかと思います。

ここではそんなギモンやお悩みに応えるべく、気になるふるさと納税のあれこれや、話題のポータルサイト《ふるさと本舗》について、初めての方でもわかりやすいよう詳しくご説明していきます♪

そもそも、ふるさと納税ってどんな制度なの?

ふるさと納税には「納税」という言葉がついていますが、実際は地方自治体への「寄付」に近いものなんです。

とはいえただの寄付ではありません。自分で選んだ地方自治体、「ふるさと(自分の本当のふるさとでなくてもOK!)」に寄付することで、寄付した額から自己負担額2,000円を除いた金額(※)が、所得税や住民税から控除される仕組みになっているんです!

さらに、寄付金の額に応じて、地域の特産品を「返礼品」として送る自治体も♪

※控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限があります

つまり、ふるさと納税は、

①お得に「納税」できて、
②好きな「ふるさと(地方自治体)」を応援できて、
③さらには地域の特産品をゲットできることも!

というとってもお得な制度なんです♪ これを活用しない手はありませんね……!

《ふるさと本舗》で超簡単! 確定申告要らずのふるさと納税

「ふるさと納税がお得で便利なのはわかったけれど、やっぱり手続きが面倒そう」「確定申告はしたくないし……」と思った方! 実は多くの場合「ワンストップ特例(※)」という制度が利用でき、確定申告は必要ないんです。

また《ふるさと本舗》のようなふるさと納税ポータルサイトを活用すれば、ネット上でとっても簡単に寄付ができちゃうんです。支払いもクレジットカードだから楽チン♪

※年収が2,000万円以上の場合、あるいは1年以内に6つ以上の自治体に寄付を行う場合は適用されません。確定申告を行う必要があります。

ふるさと納税に《ふるさと本舗》がおすすめな理由

《ふるさと本舗》は、ふるさと納税の寄付ができ、さらには日本全国の食材や逸品が購入できる特産品のポータルサイト。

寄付金額、カテゴリ、自治体など細かい条件で検索できるほか、「季節の旬なフルーツ特集」や「ふるさとのお米特集」など随時特集も組まれるので、とにかく返礼品を探しやすいのが特徴♪

また《ふるさと本舗》は「地域のおいしい特産品」に特化したサイトであるのも大きなポイント。全国のおいしい特産品を味わいたい方、自治体の活性化に貢献したい方にはとくにおすすめ! その地域ならではの絶品フルーツやお米、お肉などがたくさんそろっていますよ♡

《ふるさと本舗》を利用したふるさと納税の流れ

「でも、ネットでの手続きってなにかと面倒なのでは……?」とお悩みの方も多いと思うので、ここでは〔ふるさと本舗〕での寄付の手順をご説明します。実はたったの5ステップだけで完了しちゃうんです!

①まずは「寄付可能額をしらべる」ページで、いくらまで寄付できるか確認します

②応援したい自治体の好きな返礼品を選び、カートに入れます

③寄付者の情報や届け先などを入力し、寄付の申込みをします

④自治体から寄付証明書と返礼品が届きます。証明書は大切に保管しましょう!

⑤自治体から届く「ワンストップ申請書」に、必要事項を記入して返送します

たったこれだけ! 以上の手続きを踏めば、寄付額から自己負担額2,000円を引いた金額が、翌年の住民税から控除されます。文字で見ると少し大変そうに見えるかもしれませんが、実際に試して案外パパッとできますよ♪

《ふるさと本舗》の人気返礼品をピックアップ!

「ふるさと納税は意外と簡単にできる!」ことをご説明したところで、ここからは気になる返礼品をご紹介♪ 今回は〔ふるさと本舗〕でとくに人気な3商品をピックアップしました! どれもおいしそうで、ぜんぶ欲しくなっちゃうかも……?

●名称:「内閣総理大臣賞受賞記念」宮崎牛切落し(焼肉)
●自治体:宮崎県 都農町
●寄付金額:10,000円(2パック)/ 20,000円(4パック)
●内容量:1,000g(2パック)/ 2,200g(4パック)

最初にご紹介するのは〔ふるさと本舗〕内でもダントツ人気の《宮崎牛切落し(焼肉)》!

「宮崎牛」は、指定の雄牛を一代祖に持ち、宮崎生まれ・宮崎育ちの黒毛和牛の中で肉質等級4等級以上のものだけに与えられる名前です。しかも「和牛のオリンピック」とも呼ばれる全国和牛能力共進会で、最高位の内閣総理大臣賞を3回も連続受賞しているのだとか!

そんな超高級な和牛肉がふるさと納税で手に入るなんて、これをゲットしない手はありませんね♡ 家族みんなのおうち焼肉に、とっても豪華な宮崎牛はいかが?

●名称:庄内町産スペシャルコシヒカリ
●自治体:山形県 庄内町
●寄付金額:10,000円 / 15,000円
●内容量:5,000g / 8,000g

続いては、ふるさと納税の返礼品でもとくに人気な「お米」からご紹介♪

こちらの平成30年庄内町産《スペシャルコシヒカリ》は、山形県が独自の厳しい基準で厳選した「山形セレクション」にも認定された品種。大人気《コシヒカリ》のスペシャル版だなんて、これは期待できそう♡ 山形県庄内町の農家の方々の自信作をぜひご賞味あれ!

●名称:店主おまかせのジェラートセット
●自治体:高知県 室戸市
●寄付金額:10,000円
●内容量:16個
●重さ:1,440g

こちらは「素材そのものを味わっているよう!」と評判の〔キラメッセ室戸〕が手がけるオリジナルジェラート。その人気は根強く、連休中などにはすぐに売り切れてしまうほどなのだとか。

そんな大人気スイーツも、ふるさと納税で手に入ります♪ たっぷり16個も入っているので、おうちで心ゆくまで味わえるのもうれしいポイント。7個入り5,000円のセットもあるので、「ちょっと多いかも?」という方はそちらをチェックしてみてくださいね!

とってもお得なふるさと納税! どうして始まったの?

ふるさと納税はとってもお得で便利な制度ですが、そもそもなぜこんな制度が生まれたのでしょう? 実は、ふるさと納税には3つのねらいがあるのです!

①ふるさと納税は、なんといっても「納税者が寄付する自治体を自分で選べる」ことが大きな特徴。これによって納税者が「納めた税金がどう使われるのか?」と改めて考える機会が生まれ、納税に対する意識の向上につながると期待できます。

②ふるさと納税によって納税者は、現在の居住地に関係なく、たとえば生まれ故郷、つながりのある地域、応援したい地域……などなど、思い思いの自治体を支援することができます。

③ふるさと納税を募るにあたって、それぞれの自治体はその魅力や取り組みなどをPRすることになります。これは自治体が「選んでもらうにふさわしい在り方」を改めて考えるきっかけになり、地域の活性化につながります。

このようにふるさと納税は、これまでの日本の納税者と地方自治体が抱える悩み・問題を、それぞれ解決するために設けられた制度なのです!

《ふるさと本舗》で好きな「ふるさと」を応援しよう!

生まれ育った土地や、思い入れのある土地以外の場所で生活されている方は多いかと思います。とはいえ、たとえ「応援したい!」という気持ちがあっても、在住の自治体以外に税金を納めることはできません。

そんなとき、ふるさと納税は活躍してくれます! 離れた場所からでも、自分の生まれ育った町や思い入れのある土地などに貢献できるのはありがたいですよね。また、返礼品で「思い出のあの味」に出会えるかもしれません。

もちろん、上記に当てはまらない方にもふるさと納税はおすすめです。お気に入りの自治体や返礼品を見つける作業はきっと楽しいですよ♪ ふるさと納税がきっかけで「第2、第3のふるさと」と言えるような地域に出会えたらうれしいですよね!

みなさんのふるさと納税ライフのお供に、ぜひ《ふるさと本舗》を試してみてはいかがでしょうか?

《ふるさと本舗》について

《ふるさと本舗》は、2018年9月18日にオープンした特産品ポータルサイト。運営元である株式会社ふるさと本舗(本社:東京都渋谷区、代表:鷹嘴 昌弘)は、株式会社VOYAGE GROUP(本社:東京都渋谷区、代表:宇佐美 進典)の連結子会社。


LIMIAからのお知らせ

保険アドバイザーがあなたにぴったりで無駄のない補償をご提案!

  • 13573
  • 199
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード