文房具収納は使いやすさ重視!ゴチャつきを防止して増やさない仕組みづくり

ついつい増えがちな文房具。なのに、日ごろ使うお気に入りのボールペンは決まっていたりして…。本当に使いたいものだけを取り出しやすく、見やすくすることで、家族のだれが使っても元通りになるような収納を目指してみませんか?ポイントは「仕切る」です。

  • 163609
  • 2218
  • 15
  • クリップ

ため込みがちな文房具、こうやって収納しています。

よくあるデスク付属の引き出しの一番上、ここに我が家の文房具のほぼ全てが収納されています。

主に使っているのは、無印良品のポリプロピレンデスク内整理トレー。

この整理トレーの良いところは、一切の丸みを帯びていないところです。

きっちりとした形のトレーを使うことで、デッドスペースを極力作らずに収納することができます。

収納場所に合った整理トレーを組み合わせたら、あとは1アイテム1ヶ所を基本に収納していきます。

例えば、テープのりと、ハンコ。

ポリプロピレンデスク内整理トレー1を使用。

マーカーペンと、メジャー。

ポリプロピレンデスク内整理トレー3を使用。

他にも、消しゴム、はさみ、クリップ、ボールペンなど、一つ一つ仕切ることで、見やすく、片づけやすさが生まれます。

整理することで、家族にとっても使いやすくなるので、「アレどこいったっけー?」なんて問いかけられることもなくなりますよ(笑)

また、一つ一つ取り出しやすいということは片づけもしやすいということ。

片づけへのハードルが下がることで、使った後の出しっぱなしを減らすことができます。

家にある文房具が多いという時は、

まずはこれ以上増やさないということが大切。
ついつい増えがちな文房具を増やさないためには、まず自分と家族が家中の文房具の量を把握すること。

私もこの収納に行きつくまでには家にボールペンが何本あるなど、さっぱりわかっていませんでした。

粗品など、ふとした機会でもらってしまい、それを何となく収納している状態。

例えば、ボールペン1本でもなかなかインクを使い切らないため、何年も前にいただいた会社のロゴ入りボールペンなどがずーっと隅に追いやられたままになっていたりして…

10代、20代の時に可愛いだけでつい購入したペンや、旅先で買ったご当地○○ボールペンを未だに持っていたりして…

まずは文房具を全部出しして、本当に使っている物、使うシーンが想像できる物だけを仕分けます。

使っていない、使わないと分かったものは処分します。

まだまだ使えるペンを捨てるのはもったいない、という気持ちも起きてしまうのですが、ありすぎるが故に全体が見えず、「家にあるのに買ってしまった」という今後のもったいないを防ぐためにも、勇気を出してみましょう。

もしくは、身近に必要としている方がいるかもしれません。

色付きのペンは子どもが喜ぶかもしれませんし、黒や赤のボールペンは職場に持って行くなど環境を変えることでまた活躍するかもしれません。

どうしても捨てきれないものは、引き出しの奥の取り出しにくい場所で収納するというのもおすすめです。

そうすることで、引き出しを開けた時にパッと目につく、取り出しやすい場所には1軍の愛用文房具だけが揃いますよね。

もし、収納場所のサイズにトレーのサイズが合わなかったら

なかなか自分の収納したいスペースに、縦も横もぴったり合う組み合わせのトレーを探すのは至難の業です。

そんな時は、ホームセンターなどで販売しているプラダンを切って奥に入れています。

隙間のサイズに合わせてカットし

そのまま使ってOKなのですが、マスキングテープを貼ってみます。

お気に入りの柄にすると隙間がちょっと愛おしくなっておすすめです。

それを奥の隙間に。

そうすることで、引き出しを開けた時にトレーが動いてしまうことを防げますよ。

まとめ

今回は、文房具収納をご紹介しました。

文房具収納は、使っている、使っていないの判断がしやすいところなので、断捨離をしたいけれどもどこから手を付けて良いかわからないという方にも、始めやすい収納場所です。

  • 163609
  • 2218
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー