オーダーメイドが主流です!二世帯住宅の最新事情

へーベルハウスが『二世帯住宅』という商品名で発表し、売り出してから40年。
すっかり二世帯住宅という名前が定着していますが、この親世帯と子世帯が一つ屋根の下に同居する二世帯住宅。
現在ではこの二世帯住宅は、玄関が2つあり2軒の家がくっついている構造の「独立型」と、玄関やバスルーム・トイレ・キッチンなどを共有し、寝室などを分ける「同居型」の2種類に大きく分けられています。
では、いまどきの二世帯住宅の場合、どちらのタイプが主流になっているのでしょうか?
現状は独立型と同居型が半々くらいです。ただ、独立型は改良が進み、玄関だけ共用のもの、あるいはキッチンとバスのみ共用のものなど、要望に合わせて様々なタイプが出てきており、独立型と同居型の中間を行く住宅が、近年の主流です。

  • 4595
  • 5
  • 0
  • クリップ
  • 4595
  • 5
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード