おもてなしはロボット!? まさかの“無人カフェ”が原宿に期間限定オープン

エントランスでロボットがお出迎えしてくれると、なんだか遊園地のアトラクションのようで楽しくなることがあります。そんなロボットがおもてなしまでしてくれる〔ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ〕が、〔ネスカフェ原宿〕に期間限定でオープンしました。

  • 6876
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コーヒーマシンとロボットが連携しコーヒーを提供

ロボットがサービスを提供するおもてなしなんて、なかなか想像ができませんよね。なんだか無機質で冷たい感じがして、「おもてなし」という言葉が似合わないのではないのかと思っていましたが、予想を裏切るユニークさで楽しいカフェでした。

今回の無人カフェでは、《ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50》と、〔ソフトバンクロボティクス〕の人型ロボット《Pepper》、さらに、〔川崎重工〕が製造販売する双椀スカラロボット《duAro》が連携し、注文の受付からコーヒーの提供までを、自動で行います。

人がいないことでちょっと戸惑いそうですが、近づくと《Pepper》が話しかけてくれます。その後は、誘導に従って、自分の好みのコーヒーを選びます。エスプレッソやブラックだけでなく、コーヒーの濃さと量も自分好みに細かくセットすることができます。

決定したら、《duAro》の出番。《バリスタ 50》にカップをセットし、コーヒーの抽出が終わると、カウンターにカップが出され、「熱いのでお気をつけください」というやさしい言葉もかけられました。一緒に《キットカット》も出してくれます。一連の動作が、スムーズで違和感もなく、逆にわくわくしました。

登録すれば、次回から好みのコーヒーが

コーヒーのオーダー後、「お友だちになってくれる?」と《Pepper》に声をかけられるのですが、そこで、お友だち登録すると、次回から顔認証で、自分の好みに合わせたコーヒーをいれてくれるようになります。次回からは、「いつものでいいですか?」なんて、常連気分も楽しめますよ。

この機能は、スマホのアプリでも可能なので、《バリスタ 50》があるところなら、設定した好みのコーヒーを抽出できるのだそう。毎回、濃さを変えてみるのも楽しいですが、好みのものをいつもという人には、とても便利ですね。

このコーヒーのサービスは、なにか一品注文したら、無料で利用できます。ドリンクがフリーというだけでなく、ちょっとした近未来体験ができます。この無人ということを、それほど意識することなく、自然にコーヒーを受け取ることができるのが、今回の「おもてなし」のおすすめポイントなのかもしれません。

《バリスタ 50》を使用したほうが、カップにコーヒーとお湯を入れたときより、おいしくいただけるそうで、自宅でも使ってもらえるよう、よりコンパクトになったそう。自宅にあれば、眠る前に、ちょっとカフェインレスコーヒーでリラックスという時などに手軽で便利そうですね。まずは、ロボットたちにおいしいコーヒーをいれてもらって、ほっとひと息つきたいです。

【ネスカフェ・Pepper・duAroおもてなし無人カフェ】

●場所:ネスカフェ 原宿 東京都渋谷区神宮前1-22-8
●期間:2017年11月16日(木)~26日(日)
●時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
●利用条件:ドリンクもしくはフードメニューいずれか1品以上の注文


●ライター 林 ゆり


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 6876
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード