家具によく使われている4つの天然木材を紹介します♪

家具って主に「木材」で出来ているわけですよね。
当たり前ですけど(笑)

そんなわけで今回は、よく使われる「天然木材」をご紹介します♪

「ラバーウッド」「ウォールナット」「オーク」「パイン」
の4つの特徴なんかを簡単にお話ししてますよ~。

  • 13374
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



家具を選んでいると、
家具のカタログや、店頭で価格表なんかに
「使われている木材の名前」が書いてあることがあるんですね。

家具は使われている木材によってそれぞれ特徴があるものなのです♪


そんなわけで、
家具によく使われる「代表的な天然木材」の特徴なんかを
ざっくりとご紹介していきますね~。

今回は
「ラバーウッド」「ウォールナット」「オーク」「パイン」
の4つを♪


「ラバーウッド」ってどんな木材?

赤線に引いたところに「ラバーウッド」と書かれております。
こんな風にカタログに書いてあったりするんですね~。


このラバーウッドは名前の通り「ゴムの木」なんですね~。

あの伸び縮みするゴムの原料って、ゴムの木の樹液なんですけど、
それが採れなくなった木を伐採して加工したのが「ラバーウッド」というわけ♪

木目はほぼ真っすぐで、比較的軽くて加工がしやすい木材なんですね~。


「ウォールナット」ってどんな木材?

こちらは「ウォールナット」。
ちなみに「突板貼り」というのは「薄くスライスした天然木材を貼った板」のことです。


ウォールナットは「クルミ科」の木材なんですね。
(クルミのことを英語で「ウォールナット」と言うんですね~)

ウォールナットは、やや重みのある木材で、割れや反りが少ないという特徴があります。
着色もしやすくて、艶を出す加工をしてもキレイなのです。

そんなわけで昔から高級な家具や、工芸用の木材として使われているんですね~。
家具だけじゃなくて楽器なんかにも使われているのです♪


「オーク」ってどんな木材?


オークは、日本語でいうと「楢(なら)」という木材なんですね。

堅めの木材で、木目がはっきりとして美しい模様なのが特徴です。
オークの中には「虎斑(とらふ)」という虎の縞模様のような木目が出るものも。

加工しやすい木材で、家具だけじゃなくフローリングなどの床の材料や、
ウィスキーやワインの樽(たる)の材料などにも使われるんですよ~♪


「パイン」ってどんな木材?


「パイン材」って言われたりもするんですが、
これは日本語でいうと「松」のことなんですね。

店長は最初「パイナップルの木」だと思っていたんですが違いますよ(笑)


パインは比較的柔らかい木材でして。
加工もしやすいんですが、柔らかいのでキズもつきやすい、という特徴があるんですね~。

木の節目(ふしめ)が多い、という特徴もある木材でして、
逆に「節目のないパイン材」は珍しいんだとか。


木目がキレイで、あたたかみのある質感で
家具だけじゃなく床や壁にもよく使われる木材なのです。


家具選びの参考になると幸いです♪

こんな風に「家具の木材」と一言で言っても色々とあるんですね~。

今回は代表的な木材である
「ラバーウッド」「ウォールナット」「オーク」「パイン」
の4つの特徴なんかをご紹介してみました。


本当にざっくりとした紹介でしたので、
もっと詳しく知りたい!という方は、それぞれの名前で検索してみてね(笑)

他にも使われる木材は色々とあるので、
またその内にご紹介しますね~♪


さて。
それでは今回はこの辺で。

家具選びのお役立てると幸いです!


店長でした♪

こちらの記事もオススメです♪

  • 13374
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード