【縁側】ひなたでほっこりしたい【アモーレ】

そろそろ冬支度。こたつも良いけど、掃き出し窓からの柔らかい日差しでほっこりしたい。
なんせ電気もガスも灯油も要らないしね。
そんな地球にも私にもやさしいグッズというか家具を作ってみました。

  • 19625
  • 88
  • 0
  • いいね
  • クリップ

黒豆くん(犬)は窓際族

そろそろ冬支度の頃合いになってきましたね。我が家のこたつがウォーミングアップをはじめてます。
黒豆くん(犬)も日の当たる掃き出し窓のところに居座ります。
(注:生きてます。)

ひなたぼっこに不可欠なのは?

やっぱ縁側。
そう言えばくろまめ(私)は以前から縁側に憧れてました。
恋愛ドラマで縁側舞台にイチャイチャするのってあるじゃないですか?
綾瀬はるかちゃんのホタルノヒカリとか韓流ドラマで言えばイミンホさんの個人の趣向とか。
でもうちは一戸建てじゃないし、縁側欲しさに数千万って夢物語。
いや、チョ・マテヨ。
マンションだって掃き出し窓の内側に置いてもええんやで?(似非関西風味)

というわけで縁側作ります!
(注:今回は妄想で終わりません!!)

まずはいつものように設計から

まぁここまで来るのにいろいろと試行錯誤あるわけですが、端折って結論としてはこんな感じに。

作品名は「縁側アモーレ」

ふたりの仲がより深まる場所。
ひなたでほっこり冬ごもり、今は春辺と咲くや木の花。(詠み人知らずw)

縁側感を出すのは(重要)

ベンチが欲しいんじゃないんです。縁側なんです。
縁側が縁側感を醸し出すのはこの前後の脚です。脚の位置なわけです。
お偉いさんには(以下略)
*注:ガンダムネタです。

よし、作ろう!

前回の妄想記事とは違って今回はガチで作ります!

というわけで、最寄りのホームセンターへ早朝出勤。
カットサービスで寸法通り切ってもらってからが本番。

ただただ、ひたすらにサンダーかけまくるサンダーマン。

この量サンダーかけると手の痺れがなかなか治りません。

二日目は塗りまくり

縁側の場合、無塗装の新木感もなかなかですが、くろまめはやっぱり男前が好き。
ヴィンテージ感を出すために黒系ステイン+ブライワックスのジャコビアンで仕上げ。

乾いてから一本一本丁寧に磨き上げた脚をあそび半分にこんな風に並べてみました。
これはこれでアリっぽい。
そのうち強度テストしてみます。

三日目にして組み立て作業開始

ちょっとした設計TIPSですが、木工の場合、どうしても計画寸法通りというわけに行かない事が多いので、現物合わせしやすい寸法で最初から設計しておくのが良いです。

上の写真で言うと、ツーバイの縦とか横サイズを基尺として足したり引いたりするんです。
そうすると実物を置いて現物合わせしながら組み立てすることができます。

さらに言えば、この作品用のちょっとした治具を作ればなお効率的にサクサク作業が進みます。
(実際にはいろいろありすぎて言うほどサクサクいかないけどね)
*良い子はクランプするとき当て木をしてね!

完成か?完成なのか!?

ようやく半分終わりました。
今回の記事はここまで。

今週中にこの記事に追記します!

  • 19625
  • 88
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード