【住まい】見落としていた場所があるかも!リフォームするべき場所とタイミングはいつ?

みなさんは、どういったスペースのリフォームが主に行われているか、またどういったタイミングでリフォームするべきか把握していますか? 内容、タイミングなど場所ごとにそれぞれ異なるリフォームのポイントをまとめました。今はおうちに不満がないからリフォームは必要ない、と考えている人こそ見落としていたポイントがあるかもしれませんよ!

リショップナビ

早めのリフォームがおうちを長持ちさせるコツ

特に今のおうちに不満が無かったり、おうちに目に見えて傷んでいる箇所がないのでリフォームをする必要はないと考えている方はたくさんいらっしゃると思います。たしかに家屋の劣化した箇所を修繕するためにリフォームをすることもあります。でも、それ以外に、不具合を感じる前にメンテナンスをしたり、新しい設備に取り替えて生活をよりよくするためのリフォームという選択肢もあるんです。

おうちの設備のなかでも、とくにリフォームの件数が多い箇所がバスルームやトイレ、キッチンなどの水周りと外壁や屋根、ベランダ・バルコニーなどの屋外のスペースです。この2箇所はリビングや寝室などと比べ多湿になりやすいため劣化が早いこと、また水周りは生活に密接しているので不満を感じやすいことがリフォーム件数の多い主な理由です。今回はリフォーム件数の多い箇所、そしてよく行われるリフォームの内容をご紹介します。

毎日使うから気になりやすい!水周りリフォーム編

キッチンをはじめとしたバスルームやトイレなどの水周りは、生活するうえで必ずといってもいいほど毎日使う場所ですね。つまり毎日目にする場所でもあるからこそ、不便に感じる箇所が見つけやすく、リフォームの対象としてよく挙げられるのではないでしょうか。浴槽や便座を新しいものに交換するだけならば、金額面ではおうちの他の箇所をリフォームする場合よりも安く、工期も短くなる場合が多いので、今までリフォームをしたことがなく不安を感じている人にもはじめて着手する場所としておすすめできます。



バスルーム&トイレのリフォームのポイントとは?

バスルームやトイレをリフォームする場合には、主に、既存の浴槽や便器を新しいものに取り替える施工が行われています。また、バスルームやトイレの壁はかび、湿気により劣化しやすいので、壁紙の張り替えなどもよく行われます。従来のものよりも汚れにくく、また掃除がしやすい形の浴槽・便座に取り替えることで掃除の時短にもなります。生活に密接した場所のリフォームなので、毎日の生活をより便利にすることもできますよね。

また、リフォームの際に老後のことも考えバスルームやトイレに手すりをつけたり、段差をなくすバリアフリー化も同時に行うケースもあります。せっかくリフォームするのなら、できる限り長い間不満を持たないおうちにしたいですよね。

憧れのアイランドキッチンにも意外な落とし穴が!

アイランドキッチンはとてもスタイリッシュで、リフォームをするなら絶対にアイランドキッチンにしたいと考えている方もいるのではないでしょうか? 見た目だけではなく、リビングなど他の部屋の様子が料理をしながらでもうかがうことができるメリットもあり、料理中も子どもから目を離したくない! という人にもおすすめできます。

しかし、全ての方やおうちにアイランドキッチンが適している、という訳ではありません。条件次第ではアイランドキッチンに不便さを感じてしまうということも。アイランドキッチンは壁向きのキッチンと比べ、広い面積を必要とするのでリフォーム後に通路が狭くなることがあります。すると、通路で人のすれ違いがしにくくなったり、冷蔵庫など大きな家電の移動が難しくなり、家電の修理や買い替えに対応できなくなる可能性があります。

キッチンをリフォームしたいと考えている方は、おうちのキッチンの広さを考慮したうえでどんなリフォームをしたいかイメージするのが重要です。

メンテナンスが重要!屋外編

屋外の設備は雨漏りなどの不調が出ない限り、リフォームをしようと考える方は少ないのではないでしょうか? しかし、目に見えるサインが表面に出てしまっている場合は、家屋のもっと奥の柱などにも不具合が及んでしまっているケースもあり、問題解決のためには大規模な工事となり、費用もかさんでしまう恐れがあります。

傷んだ箇所が増え費用が大きくなってしまう前に、屋外の設備は定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。

傷む前にリフォームを!ベランダ・バルコニー編

ベランダ・バルコニーは屋外に設置され、雨風にさらされるので室内の設備より劣化が早く、リフォームの需要が大きいです。塗装やメンテナンスなど、既存のベランダ・バルコニーをリフォームする場合は比較的費用を抑えることができます。

では、新しくベランダ・バルコニーを設置するリフォームをしたい場合はどうでしょう? 変動することがありますが、おおむねベランダ・バルコニーの大きさとリフォーム費用は比例の関係にあり、大きなものになればなるほど費用も大きくなります。

木製のベランダ・バルコニーは、木が傷んでしまうと見た目の悪さのみならず事故にもつながってしまうので、忘れずにメンテナンスをするようにしましょう。

リフォームのサインを見逃さないで!外壁・屋根のリフォーム

外壁と屋根もベランダ・バルコニーと同様に常に雨風にさらされてしまうので、恒常的に劣化が進んでしまいます。外壁のリフォームを知らせてくれるサインとなるもので、チョーキング現象と呼ばれるものがあります。外壁の塗装部の表面が風化してしまうことでチョークの粉のような白い細かい粒子が発生する現象です。おうちの外壁を軽く触り手が白くなってしまったら外壁塗装のリフォームをするといいでしょう。

屋根に関しては、雨漏りなど問題が表面化する前から定期的なメンテナンスをすることで結果的に費用を抑られる場合があります。屋根、瓦のみを新しくする場合は問題ありませんが、傷んだ屋根を放置してしまうと家屋の柱まで傷んでしまい、いざリフォームをするときに家屋の柱も交換する大規模な工事になり、費用が大きくなってしまいます。だからこそ、目に見えて屋根が傷んでいるのがわかる前からリフォームをすることで節約にもつながるのです。

複数見積もりで相場がわかる《リショップナビ》がおすすめ

リフォームは不調を感じる前のメンテナンスから大規模な工事まで、リフォームしたい箇所にもよってさまざまなケースがあるので、どの規模のリフォームだとどのくらいの相場なのかわかりにくいのが難点です。《リショップナビ》であれば複数の見積もりを一度に取ることができ、相場の把握をすることができます。リフォームが必要となる前に、今回紹介したよくリフォームされる箇所の見積もりを確認し大まかな相場を把握しておけば、実際にリフォームをする際にとても役立ちます。

《リショップナビ》を利用することで簡単に見積もりの比較ができるので、どの会社が一番お得なのかを調べることもできちゃうんです。同じような工事の内容でも会社ごとに見積もりの金額は異なります。場合によっては一番お得な見積もりと高いもので数十万円も差が出ることも。トイレのリフォームなど、小規模なものでも複数見積もりをすれば数万円分お得にリフォームできる会社を見つけられます。また、「他社の見積を見せたら頑張って値下げしてくれた」というお話もあるそうです。《リショップナビ》は相場の把握だけでなく、お得なリフォームの手助けもしてくれるんです。

《リショップナビ》がおすすめできる理由

《リショップナビ》は同時に複数の見積もりができることはもちろん、それ以外にも選ばれているポイントがたくさんあるんです!

複数見積もりができると言っても、どういった会社に見積もりを出せばいいかわからないですよね。《リショップナビ》は、専門スタッフとおうちの状態、やりたいリフォームを相談し、本当におうちに必要なリフォームを見つけることができます。リフォームはあまり日常生活とは縁がないものであるからこそ、専門スタッフの意見を聞くことができるのはとても助かりますね。

また、リフォームを受け持ってくれる会社は《リショップナビ》独自の厳しい判断基準をクリアした会社のみなので、自分が想像した理想のおうちを実現することができます! リフォームは数多くするものではないので、しっかりと品質の高いサービスを選びたいですよね。

しかし、いくら厳しい審査を受けたリフォーム会社の腕が確かだからと言っても、リフォームは必ずしも満足する結果にならない場合があります。そんなときでも、《リショップナビ》で見つけられるリフォーム会社は全て「安心リフォーム保証制度」があります。だからこそ、もしもの場合でも安心な《リショップナビ》がおすすめできるんです!

将来のためにも、まずは見積もり!

まだリフォームの必要はないと思っていても、意外とリフォームをしなければならないときはすぐ来るものです。無料見積もりでリフォームについて把握しておくことで、リフォームが必要なときにとても役立ちます♪

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー