太陽光発電投資について知りたい!押さえておくべきメリットとデメリットとは?

日本のエネルギー事情を考えると、再生可能エネルギーは今後ますます増えていくと予想されています。そこで注目されているのが太陽光発電への投資です。物件の供給が過剰となっている不動産投資に替わって増えていくと言われる太陽光発電投資について、この記事では掘り下げていきます。

  • 163204
  • 32
  • 1
  • いいね
  • クリップ

太陽光発電投資の方法とは?

太陽光発電投資とは、太陽光発電によって発電した電力を電力会社に買い取ってもらうビジネスモデルです。一般的には2つの方法があります。太陽電池モジュールなどの設備を設置して自ら運用する方法と、運用を行う事業会社あるいは投資会社に投資する方法です。

太陽光発電投資の魅力は、20年間にわたり安定的に電力を買ってもらえることです。国が定めた「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、電力会社は再生可能エネルギー由来の電力を一定期間(産業用は20年間)、一定の価格で買い取ることが義務付けられているのです。

太陽光発電の買い取りは、最終的な発電出力量を基準に次の2つに分けられることを基本的な知識として覚えておきましょう。
・10kW未満→余った電力を買い取る「住宅用」
・10kW以上→発電したすべての電力を買い取る「産業用」
投資用の場合は、全量買い取りとなる「産業用」に該当します。

設備への初期投資としては20,000,000円程度必要となるのが一般的です。金融機関から融資を受けることも可能ですから、法人はもちろん、個人で行うことも可能です。一方、ファンドへの投資はおおむね1,000,000円程度から受け付けています。次の項目からは、ご自身で運用する太陽光発電投資についてメリットとデメリットを紹介していきます。

太陽光発電投資のメリットとは?

まず太陽光発電投資のメリットとして考えられるのが「安定的な投資ができる」という点です。前述しましたが、発電した電力は電力会社が一定期間買い取ることが保証されています。この一定期間とは産業用では20年間です。導入時に20年分の買い取りが決まるため安定的に運用ができるのです。途中で空室が出てしまうと利回りが変わる不動産投資とは大きな違いです。

また賃貸住宅を建てても入居者が集まるまでは資金の回収はできませんが、太陽光発電システムであれば設置が完了すればすぐに発電が開始されます。つまりすぐに投資金額の回収ができるのです。

次に挙げられるのが「手間がかからない」ことです。不動産投資と同様に太陽光発電投資ももちろん管理は必要です。しかし不動産投資とは違って、入居者の管理や建物のメンテナンス、入退去者対応といった煩雑な作業はありません。もちろん業者に依頼することもできます。

不動産投資と大きく違う点と言えば「立地に左右されにくい」ということも言えます。「駅徒歩◯分」「学校が近い」といった要素によって利回りが変わってしまうことはありません。それは、太陽光はどの場所でも大きな差がなく降り注ぐからです。反対に言うと、都市部から離れた土地価格の安い場所で広い土地を取得して始めることも有効なのです。

また、事業として行う場合、再生可能エネルギーを推進しているというイメージが得られます。

太陽光発電投資にはデメリットもある?

次に考えなければいけないのは、太陽光発電投資におけるデメリットです。もちろん投資にはリスクがつきものですから、デメリットもしっかり知っておきましょう。

まず大きなデメリットとなるのは、「天候の影響を受けやすい」ということです。安定的に買い取ってもらえるとは言っても、それは安定的に発電した上でのことです。つまり台風や長雨などによって日照時間が減ってしまうと、発電量は少なくなってしまい、利益が出なくなってしまいます。

また、地震が起きたり、火山が噴火したりなどの災害時にも太陽光発電がストップしてしまう危険性があります。相手が自然ですから、できる対策にも限界があるのも認識しておきましょう。

20年間という長期にわたる運用ですから将来的な見通しが難しいのもリスクのひとつです。例えば「周辺の環境が変わる」ことも考慮しなければいけません。今は十分な日照を得られていたとしても、それが20年後も同じ状況かは分からないからです。隣接している土地にマンションが建ってしまえば、発電量は急激に下がってしまうのです。

一方、どれだけ順調に発電をしていても、「電力の買い取りがストップされる」ことも考えられます。出力制御と言いますが、電力会社が電力の需給を考えて再生可能エネルギーの買い取りを減らしていくことも今後あるのです。現段階では可能性は低いと考えられていますが、20年後まで約束されている訳ではありません。この点もリスクとして捉えておきましょう。

まとめ

太陽光発電投資は安定的な収入が得られるなど、メリットが非常に多く投資対象としても魅力的です。ただし歴史も長くありませんし、エネルギー事情がどう変わるのか簡単に将来を見通せないため、リスクも考慮しなければなりません。専門家に相談するのはもちろん、しっかりと知識を得てから検討するようにしましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 163204
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード