土間空間は見える収納で、使い勝手のよい家に

最近流行りの土間空間。
何にでも使える柔軟な空間ですが、逆に、どう使ったら良いのか?戸惑ってしまうことありますか?
その土間空間、見える収納として、使い方を考えることで使い勝手のよい家に変わります。

  • 19542
  • 60
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自転車置場は家の中に

自転車を持っている方、自転車に乗る方。大人も子供も、自転車所有率は非常に高くなっています。
郊外出身のワタクシ。育った家には、庭に倉庫があり、その中に家族全員の自転車を入れていましたが、中々倉庫を建てられる敷地のお宅ばかりではありません。更に、家を建てる時、自転車置場は後回しになりがちです。余り考えず、外の空いた場所にとりあえず置いてしまう事になってしまった、なんてことも。外に置いても良いのですが、屋根があっても雨が風に煽られて濡れて錆びてしまう経験は、多くの方がしているはずです。
現在は、電動自転車で子供の保育園・幼稚園の送り迎えをしているママさんが多くなっています。電動自電車や趣味のクロスバイク・スポーツバイクなどは、結構高額で大事なものですから、雨にもうたれたくないですし、防犯のこと、盗難も気になります。そこで土間空間の中に、自転車を置けると、一番取り出しやすく使いやすい場所に収納しておくことができます。

家の中に置きますので、飾る様に置きたい。どう見えるのかを計算して、置く場所を決め見える収納として土間空間をデザインする必要があります。今の自転車は素敵なデザインをしているものが多く、素敵なデザインゆえに家の中から眺められても、モノを飾っているワンポインにもなります。
それは、ベビーカーやキックスケーター、三輪車など子育てグッズも同様で、土間空間を飾ってくれます。

靴や帽子・鞄・サングラスなど身に着けるモノも、土間空間に飾ってしまおう

玄関では、靴を履きますが・・・・・帽子を被ったりもしますし、サングラスをしたり、鞄にモノを入れお出かけする事もあります。玄関の土間空間それらを置いておけば、出がけにさっと身に着けられ、便利です。
飾り棚をたくさんつくって、帽子や鞄・サングラス・靴などを飾っておくと、見せる喜びと、実用性と兼ね備えられることができます。収納の中にしまい込んでいませんから、飾り棚からパッととって持ち出せ、手軽に身に着けられます。

土間空間は世間との、緩衝帯かつ鑑賞

土間空間は玄関廻りやリビングに付属して、配置します。新しい土間空間の使い方・設計の仕方はこちらの記事でも書いています。

土間でモノを飾ると、家族の好きなモノがあふれ出す場所であり、外部との緩衝領域になります。外から家を覗いたとき、まず土間が目に入り、その向こうに部屋になるからです。窓越しにみられる場合も、玄関扉を開けた時に見えるポジションも同様で、一旦玄関土間というフィルターがかかった上で、部屋になりますから、直接部屋の中を見られません。だからこそ、土間空間は自分の好きなモノで飾りかつ、自分が使いやすいようモノを置いておきたい場所です。

  • 19542
  • 60
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「あなたらしい、世界に一つだけの家」を実現するため、細やかな「収納計画」、「光と風」を取り入れ、「素材」と「間取り」の工夫で、心地よい住む方らしい家づくりをしま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード