南西向き4.5間間口 ビンテージテイストのインテリアが印象的 ひろびろ土間のある家

東大阪市の入り組んだ住宅地の中に建つT様邸。外壁はシャープな印象を与えるガルバリウム鋼板を採用したことでシンプルな箱型の形状がさらに際立ちます。

建物内部は、オークをダークトーンに塗装するとともに、リビングの壁の一部にも同じ床材を張ることで落ち着いた雰囲気のインテリアとなりました。そして、訪れる方がまず驚くのが広い土間空間と、そこからつながるLDKスペース。廊下などの無駄になるスペースを極力省きたい、またリビング空間は広くしたいという施主様の要望を叶えるアイデアの中で実現しました。土間空間は、暮らしの中でのユーティリティスペースとして活躍するとともに、蓄熱体として室内の温熱環境づくりにも一役買います。
立地は、接道道路からは旗竿状に伸びる、変形した土地形状での計画ですが、隣地との間隔が南側・東側共に約4m以上確保できるので、採光や通風の計画は比較的容易な環境でした。また、卓越風向である北北東~南南西の風を効率的に取り入れるために吹き抜けを利用した通風計画を採用しています。

どんな敷地にも対応できる光と風を考えたSOWE DESIGNに基づく、パッシブハウス。あなたのライフスタイルをお聞きして、最適な空間が長く続く家(=変化できる家)を設計します。

  • 10866
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シンプルな箱型の外観 ガルバリウムでかっこよく

南西側には約4m離れてに既存の2階建住宅が、また、南東側にも約5m離れて既存の2階建が存在する周辺環境。囲まれている立地ながらも それぞれの家屋までの距離は長く、日射と通風には影響ないものと判断し、北側の敷地境界と水平に建物を設計したために、住宅の向きが南西に振った配置計画となりました。


入り組んだ住宅地の中にある立地ではありますが、隣地との間隔が南側・東側共に約4m以上確保できるので、採光計画は比較的容易でした。


全体の形状としては「箱形」の建物です。ガルバニウム鋼板のシャープな質感が、シンプルな形状をより際立たせます。

広々土間と大容量のシューズボックスが魅力的

趣味やアウトドアにも万能な土間空間。リビング空間をより広く感じさせるとともに、土間部分は冬の日射を受けて熱を蓄熱する機能も兼ねています。
大容量のシューズボックスは造作で、床の色と色味を合わせています。見せる部分と隠す部分をつくりました。

玄関の上には吹き抜けを設けて、十分な明るさと通風を生み出しています。

こだわりのビンテージテイストインテリア

LDKと土間をつなげることで広々とした空間に。壁の無い約26帖の大空間です。家事動線は西側に集約して、LDKをスッキリと配置しています。

内装の特徴はダーク系の素材の多様。フローリングはオーク材をダーク系に塗装し、同じ床材を張ることで落ち着いた雰囲気のインテリアとしました。

自然光を最大限に取り込む明るく開放的なリビング

カラフルなクッションやソファ、ところどころにインテリア雑貨が散りばめられていますが、ダークな色味の床で締まった空間に。

リビングに面する掃き出し窓と、玄関上部の吹き抜けからたっぷりと光が入り、明るく開放的な空間です。

リビングからつながるウッドデッキ

ウッドデッキスペースはリビングとつなげて、のびのびと。
風と光を採り入れつつ、自然を体験でき、子供たちの遊び場にもなるスペースをつくりました。

照明、雑貨、小物、一つ一つのものにこだわりを持って

ステンレスの天板がシャープなキッチン。照明にもお施主様のこだわりが見えます。
キッチンはセパレートタイプを選択し、コンパクトにまとめました。

壁掛けテレビをかける壁は床の無垢材と同素材で仕上げ、一体感を出しています。
お施主様のセンスでセレクトされたこの時計もフローリング材の雰囲気とぴったりマッチして空間になじんでいます。

インテリア小物や雑貨が大好きなT様。思わず「かわいい」と息を漏らしてしまいそうなおしゃれなものがたくさん。お施主様のセンスが光ります。

  • 10866
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード