リビングの一部を子ども部屋に。のぼり棒付きのロフトベッドが楽しい

以前、お家の全面リノベーションをしたお客様。その時「リビングの一部を将来仕切って使えるように」と考えていました。あれから数年、当時小さかった子ども達もわんぱく盛り!今回、リビングの一角、6帖程度のスペースを子ども部屋にリノベすることに。いったいどんな子ども部屋ができたのでしょうか??

  • 34880
  • 538
  • 2
  • いいね
  • クリップ

お家のなかでアスレチック気分♪

兄弟それぞれにロフトベッドを造作しました。
のぼり棒を使って上がったり、くるくる降りたり、元気いっぱいの男の子達に楽しい高さです。

ベッドの下はプライベートな空間

お互いの様子が分かりつつ、勉強などに集中できるように丸窓がほどよく開けられています。

「おーい何してるの?」なんて兄弟のほほえましいやり取りも。

リビングからも気配が感じられ、安心

こちらはリビングから子ども部屋に通じるドア。
「いま遊んでるのかな?」「静かに勉強してるわね」など、子どもたちの様子がなんとなく分かるチェッカーガラスです。

将来は脚を切ってベッドとしても使える!

ベッドの材質はナラ材とシナ材。将来は脚を切って普通のベッドとしても使えるようになっています。

設計・施工

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

毎週更新されるリノベーション施工実例には、マネしたいアイデアがたくさん!

「将来子どもができたら…」「子どもが成長したら…」など、家族のスタイルに合わせて少しずつお家のかたちを変えていくのは、とても理にかなったこと。将来にわたって、永くお付き合いできる会社を見つけるのがリノベーション成功の第一歩です。なんでも相談できる会社を納得いくまで探してみましょう。

  • 34880
  • 538
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

スタイル工房は、東京・神奈川(※)でリフォーム・リノベーション・新築を行う、設計・施工会社です。スタイル工房のスタンダードは、「肩肘はらず、ありのままに、くらし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード