【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #7】ボウルいらずで簡単!こねなくていい!「ビッグハンバーグ」

フードコーディネーターのほりえさちこさんが提案する、短時間で簡単にできて、しかもおいしい“すぐ楽”レシピ。連載7回目は、こねたり、成型したりする手間いらずの超簡単ハンバーグ。ハンバーグといえば、作るのに手が汚れるし、手間がかかることもあって、ご家庭では敬遠されがちなメニューのひとつ。そんなハンバーグを豪快かつスピーディーに作れるレシピです。躊躇せず作れるハンバーグレシピなので、気軽にトライしてみては?

  • 20886
  • 455
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ひき肉をパックから出さなくていい!?

●材料(3~4人分)
・あいびき肉……500g
・ブロッコリー……1株
・しめじ……1パック
・片栗粉……大さじ1
・塩、こしょう……各少々
・サラダ油……適量
・調味料A(ケチャップ大さじ5、中濃ソース大さじ1、みりん大さじ1、水1/4カップ)

●作り方
1. あいびき肉は、パックに入れたまま、塩、こしょう、片栗粉を入れて混ぜたあと、手で押しつけてパックの形に整えます。このとき手を汚したくなければ、スプーンなどでやってもOK。

2. 整形、完了! 続いて、フライパンにサラダ油を熱し、フライ返しを使って、あいびき肉をパックから豪快にフライパンに移します。

3. 焼き色がついたらひっくり返して両面を焼き、Aと子房にしたブロッコリー、しめじを入れて、ふたをして蒸し焼きにします。

4. ソースが煮詰まってきたら火を止めて大きめの皿に盛り、取り分けていただきます♪

副菜も同時に調理できるのでスピーディー

「卵や玉ネギなどのつなぎを使っていないので、食べごたえがあって、お肉の味そのものを楽しめるメニューです。あいびき肉を焼くときに牛脂を使うと、グルメバーガーのパテに近い風味に仕上がりますよ。さっぱり食べたいときは、ソースは醤油ベースの和風にして、大根おろしなどを入れてもおいしいです。子どもにもお肉好きのご主人にも喜ばれるメニューです」(ほりえさん)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●書き手 庄司真美
●カメラ さくらいしょうこ

▼「ほりえさちこのすぐ楽レシピ」は毎週土曜日の12時更新♪▼

  • 20886
  • 455
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード