【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #6】お手ごろ鶏の胸肉で作る「アコーディオンチキン」でごちそうディナー

フードコーディネーターのほりえさちこさんによる、簡単&ボリューミーかつおいしいレシピの連載。今回は、リーズナブルな鶏の胸肉を使った、ボリューム感たっぷりのごちそうレシピを紹介します。さっぱりした鶏の胸肉なのに、コクとボリュームがあるので、育ちざかりのお子さんにもぴったり。お家でのおかずはもちろん、パーティーでのおもてなしにも、喜ばれること間違いなし!

  • 15092
  • 460
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リーズナブルな鶏の胸肉で、がっつりボリューミーな“ごちそう”おかずを作ろう

●材料(2人分)
・鶏のむね肉……ひと切れ(280~300gくらいのもの)
・玉ネギ……1/4個
・ほうれん草……1/3パック
・塩、こしょう、ガーリックパウダー……各少々
・プチトマト……8個
・プロセスチーズ……80~100g
・バター……10g
・酒……小さじ2
・塩、こしょう……各適量

●作り方
1. 鶏のむね肉は皮を取りのぞき、端から7mm~1cm間隔で切りこみを入れます。このとき、最後まで切り落とさないように注意!

2. 塩、こしょうをふり、酒を全体にまわしかけます。

3. 耐熱容器にスライスした玉ネギ、バターを入れてレンジで約1分間加熱したら、ざく切りにしたほうれん草を入れて、さらに1分間加熱します。最後に塩、こしょう、ガーリックパウダーをふりましょう。

4. 鶏のむね肉の切り込みに、3とプロセスチーズをはさみます。鶏肉は、バッドの大きさに合わせて半分にカットしてもOK。

5. 4を200度に温めたオーブンで約10分間加熱し、プチトマトを加えて、さらに5~6分間加熱すれば、できあがり。

インスタ映えばっちり♪アコーディオン風チキンの完成

「鶏のむね肉は、カロリー控えめ、高タンパク質で、育ちざかりのお子さんはもちろん、エクササイズをしている人にもおすすめ。しかも、リーズナブルなのでお財布にもやさしい食材です。そんな鶏のむね肉ですが、さっぱりしているので、今回は多めにチーズを使うほか、バターでコクを出すように工夫しました。

切り込みを入れて具材をはさむ工程が楽しいので、お子さんと一緒に作るのもおすすめです。はさむ野菜は、たとえば玉ネギやアスパラ、ブロッコリーなど、キッチンにあるもので代用してもOK。キノコ類を入れてもおいしくなります。ぜひご家庭でのメインディッシュやパーティーメニューに取り入れてみてください」(ほりえさん)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●書き手 庄司真美
●カメラ さくらいしょうこ

▼「ほりえさちこのすぐ楽レシピ」は毎週土曜日の12時更新♪▼

  • 15092
  • 460
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード