【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #5】忙しい朝に!くり抜きパンに卵でとじるだけの「オムレツブレッド」

フードコーディネーターのほりえさちこさんによる、パパッとできて簡単&おいしい“すぐ楽”レシピ連載。今回は、慌ただしい朝でも手軽に用意できるオムレツブレッドを紹介します。1日の始まりに、パンとオムレツを合体させたカラフル&ボリューミーなメニューを取り入れれば、思わず朝からテンションが上がってしまいそう♪

  • 21534
  • 576
  • 1
  • いいね
  • クリップ

パンの耳を上手に利用したオムレツブレッドの作り方

●材料(2人分)
・8枚切りの食パンまたはカンパーニュ……2~4枚
・ベーコン……1枚
・玉ネギ……小1/2個
・ピーマン……緑2個、赤1個
・卵……2個
・牛乳……大さじ1
・サラダ油……適量
・塩、こしょう……各適量

●作り方

1. ペティーナイフなどを使って、パンのふち(耳の部分)をくり抜きます。耳の部分は具材を入れる輪っかとして使うので、途中で切り落とさないように注意しましょう。

2. フライパンでサラダ油を熱し、角切りしたベーコン、玉ネギ、ピーマンを炒めます。

3. 具材がしんなりしてきたら、塩、こしょうをふり、具材を寄せたら、パンの耳で具材を囲みます。

4. 溶き卵に牛乳、塩、こしょうを加えて混ぜ合わせたら、具材の上にかけます。このとき、パンの耳からはみ出て流れてしまった卵液は、少し固まってきたらフライ返しなどですくってパン耳の内側にのせれば大丈夫。

5. 卵が固まる前に、具材の上に切り抜いたパンの内側部分をかぶせましょう。

6. 卵が固まってきたら、ひっくり返して表面も焼きます。パンに軽く焼き色がつけばOK。皿に盛り、お好みでケチャップを添えたらできあがり!

具だくさんのオムレツとパンが合体して、カラフル&ボリューミーに変身♪

「今回はカンパーニュを使いましたが、食パンでもいいし、買ってから日にちが経って固くなったパンでもおいしく食べられます。具材はキッチンにあるにんじんやじゃがいも、キャベツなどの野菜や冷蔵庫にある残りものなど、基本的にはなんでもOK。朝ごはんとして作る場合、具材は前夜のうちに用意しておくか、連載1回目でご紹介したベジボールを使えば、かなり時短で作れますよ。ぜひいろんな具材で試してみてください」(ほりえさん)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●書き手 庄司真美
●カメラ さくらいしょうこ

▼「ほりえさちこのすぐ楽レシピ」は毎週土曜日の12時更新♪▼

  • 21534
  • 576
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード