外壁塗装の新塗料『ラジカル塗料』はどんな塗料?その特徴と注意点とは?

ラジカル塗料は、油性溶剤や硬化剤による塗装面強化による従来型の耐候性ではなく、塗装面の劣化の要因に着目した「ラジカル制御技術」を用いて耐候性を高めた新塗料です。まだ知名度は低いですが期待も大きいラジカル塗料について、特徴や使用例、注意点をご紹介します。

ラジカル塗料の特徴とは?

ラジカル塗料は、日本ペイントが2012年に初めて商品化し、2015年頃から他のメーカー製品も出てきた新しい住宅用外壁塗料です。

【ラジカルってどんな塗料?】
これまでの外壁塗装で代表的な「アクリル/ウレタン/シリコン/フッ素」は、使われる樹脂の性能が塗料の特質を表しています。一方、ラジカル塗料の「ラジカル(radical)」とは、樹脂ではなく劣化を引き起こす要因のことです。塗料に含まれる酸化チタンが紫外線を吸収することで発生するラジカルは、塗料表面の樹脂を破壊してチョーキング(白亜化現象)と呼ばれる劣化を引き起こします。そこで、やっかいなラジカルを封じ込める「抗酸化チタン」や、働きを抑える「光安定剤」などのラジカル制御技術によって、外壁塗装の高い耐候性を実現した点が、ラジカル塗料の大きな特徴です。

【高品質なのにコストが抑えられる点が魅力】
ラジカル塗装の耐久年数は約8~15年と長く、最高レベルのフッ素塗装の約15~20年に次ぐ位置しています。しかも1平米当たりの平均的な塗装単価はシリコン素材と同程度の約2,000~3,000円で施工が可能です。コストを抑えながら外壁塗装の美観を長期にわたって維持するのに効果的な塗料といえるでしょう。

【作業のしやすさと防汚染性の高さ】
従来の塗料には、水を溶剤とする水性タイプと油やシンナーなどが溶剤の油性タイプがあり、硬化剤の有無によって「1液型」「2液型」に分かれていました。紫外線などによる劣化対策としては、硬化剤を加えて壁面の塗膜を強化する「2液型」が一般的ですが、油性溶剤や硬化剤は壁面の劣化を防ぐのに有効な反面、水性に比べて塗料の匂いが強く、2液型は扱いづらいという難点がありました。

ラジカル塗料は、ラジカル制御技術を備えているため、油性タイプや硬化剤による補強の必要がありません。塗料のタイプは「水性1型」であり、塗料が良く伸びて塗りやすい水性塗料ならではの高作業性が特徴です。また、汚れやカビ、藻などがつきにくい防汚染性にも優れています。

ラジカル塗料に向いている外壁や屋根

【あらゆる外壁や屋根にOK】
ラジカル塗料は、アクリルやシリコンをベースにした水性塗料であるため、「モルタル、
コンクリート、ALCパネル、サイディングボード(窒素系・金属系)、木部」など、あらゆる外壁や屋根に幅広く使うことができます。紫外線と結びついて発生するラジカル制御に優れているため、日光にさらされる屋根はもちろん、紫外線量の多い午前10時~午後14時頃に日光が当たる外壁には特に向いています。

【日陰や湿気の多い場所にも効果的】
ラジカル塗料には、塗装面にツヤのある美しい光沢があります。この塗膜は、汚れやカビがつきにい機能を持っているため、風通しの悪い場所や陽の当たらない壁面の美観保持にも効果的です。ツヤなしのタイプもありますが、防汚染の効果は若干低くなります。

【油性溶剤の匂いが気になる方におすすめ】
壁面塗装で気になるのが溶剤の匂いですが、水性塗料であるラジカル塗料は、油性よりも溶剤の匂いが穏やかです。水性塗料にも溶剤は用いられてはいますが、揮発性を抑えて拡散を防ぐ対応がなされたものも多いため、小さな子どもや高齢者などの住宅にも向いています。

外壁塗装でラジカル塗料を使う際に注意したいこと

ここまで、ラジカル塗料の特徴や適性についてご紹介してきましたが、「ラジカル制御技術」を使った登場してまだ数年という新しい塗料であるため、ラジカル塗料自体がまだまだ塗装業者に浸透していないというのが現状です。ここでは、新しいラジカル塗料を使う場合に注意しておきたい点を上げていきます。

【信頼できる塗装業者を選ぶこと】
外壁塗料の中でも新しいラジカル塗料は、さほど普及していないだけに、悪徳業者の狙い目でもあります。一般の情報量が少ないのをいいことに、メリットだけアピールし、適切な工事をしてもらえないケースもありますから、塗装の正しい知識を持ち、きちんと説明をしてくれる塗装業者を選ぶことが大切です。特に「最新塗装技術を激安で実現」「期間限定!〇日までのご成約ならこの価格!」といった訪問業者には要注意です

【実績はこれから!】
機能的に優れたラジカル塗料ですが、販売から実際の施工例から耐用年数の実績が出ていないという現状は理解しておきましょう。もちろん、商品データは、販売メーカーの実証研究から割り出された信頼できる数値として商品化されています。

しかし、最初の発売が2012年ですから、耐用年数を経過した実際の一般施工例というのは2017年現在にはまだ出ていません。このことから、ラジカル塗料の細かな年数経過による状態把握などの説明ができる人がまだまだ多くはありません。

一方で、ラジカル塗料には、これまでの塗料になかった高耐性や作業性の高さ、コスト面など、今後需要を伸ばしていく新塗料としての注目度は高まっているのも確かです。発売から一般の耐久実績のデータが出始める2030年代には、現在主流を占めるシリコン塗装に代わる外壁塗装と躍進する可能性も秘めた、いわば新時代の外壁塗料がラジカル塗料なのです。

まとめ

塗装面の劣化の要因となるラジカルを制御するという新発想で注目を集めるラジカル塗料。まだ知名度や実績は少ないですが、外壁を長年にわたって美しく保ち、塗り替えコストを抑える新時代の塗料として期待されています。よく知られていない新商品には悪徳業者もつきものですから、施行の際には、きちんと知識を持った塗装業者を選びましょう。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー