40坪の家の外壁塗装にかかる費用はいくらになる?相場もしっかりチェック!

日本の一戸建て住宅においては、延床面積40坪程度の広さが最も多いといわれています。40坪以上の家で夫婦と子供2人の4人家族が暮らす場合、客間や趣味の部屋を作ったり、リビングを広くとったりできるため、余裕を感じられる家になると考えられています。ここでは、40坪の家の外壁塗装についてまとめてみました。

40坪の広さはどのくらい?

延床面積40坪の一戸建ては、都心ではなかなか確保するのが難しい広さだといえるかもしれません。しかし、平成28年の統計では国内の持ち家(一戸建て)の平均延床面積は131.72㎡ということですから、延床面積40坪(約132㎡)の一戸建て住宅は、日本全体で考えれば平均的な広さの家といえるでしょう。

延床面積が広くなると、各部屋を広くできるだけでなく、書斎や客間、趣味の部屋などを作ることができたり、廊下や収納、玄関ホールなどを広くとることができたりします。例えば、2階建ての家であれば、寝室、子供部屋2部屋、和室(客間)、書斎と4LDK+αの間取りで、廊下などにも余裕を持たせた家を作り上げることができます。

また、リビング・ダイニングを20畳にするなど、思い切った間取りにすることも可能です。先にも触れたとおり、廊下や玄関ホールなどにもゆとりを持たせることができますので、車いすでの生活にも対応できる、バリアフリーの観点からも優れた住宅ということができるでしょう。

40坪の外壁塗装の相場は?

相場とは平均的な価格のことを指します。しかし、外壁塗装の場合、家が建っている地域や工事の際の職人の人数、工事期間などによっても相場は大きく変化することも事実です。ここでは平均的な単価が出しやすい、塗料の値段を基準に相場を計算してみましょう。

外壁塗装の費用は、「塗料のグレード×塗装面積×足場の設置料、職人の工費、諸経費」で計算されますが、塗料のグレードによる価格の違いは主に耐久年数で変わります。以下に、主な塗料とそれらの耐久年数・単価の目安をご紹介します。

アクリル塗料:5~7年、1,400~1,600円/㎡
ウレタン塗料:8~10年、1,700~2,200円/㎡
シリコン塗料:10~15年、2,300~3,000円/㎡
ラジカル塗料:12~15年、2,500~3,000円/㎡
フッ素塗料:15~20年、3,800~4,800円/㎡
光触媒塗料:15~20年、4,200~5,000円/㎡
無機塗料:20~25年、4,500~5,500円/㎡

なお、現在ではアクリルやウレタンの塗料はほとんど使われなくなっています。また、この中ではシリコン塗料の人気が高く、全体の約7割のシェアを占めています。なお、全体の塗装費用を計算する際には塗装面積の算出が必要ですが、これは住宅の延床面積(各階の床面積を合計したもの)から求められます。塗装面積の計算式は「外壁面積=延床面積×1.1~1.4(係数)」となっています。坪数を㎡(平米)に換算する場合、1坪=約3.3㎡としましょう。

上記の式で計算すると、一般的な40坪の一戸建ての家の外壁塗装工事の面積は「40×3.3×1.2」で求められ、158.4㎡となります。つまり単価2,500円のシリコン塗料を用いた場合は塗料代が約40万円、壁洗浄や下塗り・足場の設置料や諸経費を含めた総費用は約90万円になります。

実際には、お住いの地域や使う塗料の値段、足場設置料や諸経費など、塗装業者によっても設定価格が異なりますので、合計金額も上下してくると思います。外壁塗装をする際には、まずいくつかの業者から見積をとって比較検討することがおすすめです。

40坪の外壁塗装で気を付けるべきポイント

まず、40坪の家というのは、家として大きい部類に入りますので、訪問販売の業者にとって狙いやすくなっています。悪質な訪問業者になると、外壁のわずかな劣化を指し、「このままでは柱まで腐ってしまいます」などと、不安をあおるようなことを言ってくることもあります。

また、「近所で工事をしていて、お宅の壁の異常を発見しました。点検だけでもしましょう」というのも営業の定番トークです。こういった業者を一度でも家に通してしまえば、小さな傷なども重大な欠陥のように大げさに言われ、断り切れないと今必要かも分からない大がかりな工事を契約させられてしまいます。

訪問業者が来てもドアを開けたり話を聞いたりせず、また、不安をあおるようなことを言われたとしても、その業者では見積を取らないようにしましょう。また、このような業者は「今日中に契約したら大幅値引きをします」などといううたい文句もよく言いますが、相手の営業トークにのせられないように気を付けましょう。

上記のような悪質な業者に騙されないようにするためにも、外壁塗装をする際には、こちらが頼んでいないのに訪問してくるような業者は避け、別の複数の業者にご自分で見積をとることから始めましょう。訪問業者が不安をあおるようなことを言ったとしても、まずは落ち着いて別の複数の業者から相見積を取るようにしましょう。

まとめ

この記事では、40坪の家の特徴や外壁塗装の相場や注意点などについてご紹介しました。新築の家でも年月が経てば外壁や屋根が劣化してくるものです。家を快適で住みやすく、より長持ちさせるためにも、定期的に外壁の塗り直しをしてメンテナンスすることが大切です。信頼のおける優良業者を見極め、適切な外壁塗装を選んで快適な暮らしにつなげましょう。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー