【節約術】「太陽光発電」は節約になるのか?選択肢の一つとして考えてみる

最近マイホームを購入した人や購入を考えている人にとって、「節約」は気になるワードではないでしょうか? 出産や育児などのライフイベントとマイホーム購入が同じ時期になるご家庭も多く、将来のためにも少しでも光熱費などの"固定費"を抑えたいところ。今回はそんな方向けに、費用を抑え、将来のための”投資財”にもなる「太陽光発電」という選択肢についてご紹介していきます。

グリーンエネルギーナビ

目的は違えど「節約」はしたい!

節約できるのであればしたい、ということは間違いないと思います。
誰にとっても大事だとは思うのですが、特に最近マイホームを購入した人・購入を考えている人にとってはさらに重要。

「新しい家具や引っ越しの費用など出費が重なるため、少しでも支出は抑えたい……」「ローンや子育てのこともあるので、長期的に節約できればそれに越したことない……」。そんなお悩みをお持ちの方も少なくはないと思います。

ここで出費に注目してみます(※1)。平成28年において二人以上の世帯での消費1ヶ月あたりは、上から順に「食料(72,934円)」「その他の消費支出(58,780円)(※2)」「教育娯楽(28,159円)」「光熱・水道(21,177円)」と並びます。

この中でも「光熱・水道」は比較的固定でかかる、つまりは”減らしにくそう”な費用。ちなみにその約50%は電気代が占めています。

これを少しでも減らすことができるのであれば……。


※1:総務省統計局 家計調査(家計収支編) 時系列データ(二人以上の世帯)より。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/

※2:理美容関係や、交際費、こづかい、たばこなどへの出費が含まれています。

まちなかで「太陽光発電」を普通に見るようになってきた

2009年から住宅用の太陽光発電からの売電料金が設定されたことを契機に、太陽光発電への注目が高まりました。また近年は設置費用も下降しており、そのこともあり街を歩いていても太陽光パネルのある家も増えてきました。

自宅で利用する電気を発電することにより、電気代を安く抑えられるかもしれません。

でも「太陽光発電」って……?

ただ、「本当に電気代を浮かせることができるのか?」「費用を回収できるのか?」など、さまざまな疑問が生まれてくると思います。

売電による「収入」と設備や修繕などの「支出」をもとにキャッシュフローを計算し、何年で元を取れるかなどと計算を自力でやるのも難しいですし、そもそも自分の家へ設置するには費用がどれくらいかかるのか、どれくらい発電できるのかなんて、すぐにわかるわけがありません。

ここで太陽光発電という選択肢を諦める道もありますが、節約につながるかもしれない太陽光発電。そこで「不安」や「面倒」を感じている方向けに、それを解消する素敵なサービスをご紹介させてください。

おすすめのサービスがこちら!

そこで今回ご紹介するのが《グリーンエネルギーナビ》。このサービスを使えば、”プロ”が、数多く存在する「太陽光発電販売設置会社」の中から自分の状況にあった優良企業を紹介してくれるんです!

《グリーンエネルギーナビ》が選ばれる3つの理由

【理由①】どこよりも厳しい独自審査に合格した会社のみご紹介!

《グリーンエネルギーナビ》に加盟している販売施工会社は、独自の基準を合格した優良企業のみ。利用者の方のためになる提案を心がける会社ばかりなので、安心して利用できます。

また、加盟会社は450社以上。選択肢を多く持っているからこそ、《グリーンエネルギーナビ》のご利用者の個別事例に合わせた紹介ができるのです♪

【理由②】《グリーンエネルギーナビ》のお客様担当がしっかりサポート!

太陽光発電システムの設置に慣れている人、って周囲に多くいるわけではないですよね。だからこそ、そのような分野はその道の”プロ”に任せるのが吉。

《グリーンエネルギーナビ》のお客様担当は、利用者の希望に合わせて「どの販売施工会社が適してるか」をマッチング。まずは《グリーンエネルギーナビ》のお客様担当がサポートをしてくれるので、「WEBフォームを埋めた瞬間に複数企業から電話がかかってくる」ような面倒はかかりません。

【理由③】過去ご利用者様からの口コミを多数掲載

ホームページには、実際に《グリーンエネルギーナビ》を使って見積もりや太陽光発電システムを設置した方の生の声や、施工会社の評価・口コミを掲載!

実際に使ってみた”生の声”を聞けると、これから使う人も安心できますよね。気になる施工会社があったときも、「接客」や「知識」などの複数の観点からの評価が載っているのは嬉しいポイント♪

いまだけでなく未来のためにもなる「太陽光発電」

太陽光発電は、長期的な面でも節約につながります。もちろん世帯の電気使用量や日照時間によって、発電量や”お得度”は変わりますが、市町村によっては補助金制度がある地域もあり、初期投資も低く抑えられます。

節約へのために、まずは《グリーンエネルギーナビ》で相談してみませんか?

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー