海と山、両方の景色を楽しむ!木箱のような、完全分離の二世帯住宅

南側に山、北側に海。
その境目の崖に建つ、木の箱のような、完全分離の二世帯住宅。
そんなYK-House のストーリーです。

  • 6333
  • 43
  • 0
  • いいね
  • クリップ

木箱のような外観

南側には山が、北側には海が、広がっています。

その両方の景色を採り込むことができるように、
両側に向かって大きく開かれた木の箱を、
海と山の境目の崖の上に、そっと置くように配置しました。

道路からみると、崖の上にあります。

南側に出来るだけ大きな庭を確保するために、
崖の上から飛び出すように配置しました。

道路よりもずっと高い位置にあるため、
周囲からの視線を気にする必要はありませんでした。

自然とプライバシーが守られるかたちになっていました。

そのため、
南側の温かく明るい庭に、
そして、その先の山に向かって、
大きく開きました。

自然と一体となった開放的な家です。

庭と家のつなぎ目には、
10メートルを超える、
長い縁側のような、テラスを設置しました。

これによって、
室内と、庭やその先の山は、
つながっています。

1階は、明るく開放的な、二世帯住宅の親世帯

1階は、
二世帯住宅の親世帯です。

室内は、
部屋の端から端まで、床から天井までの大きな窓によって、
南側の庭、その先の山の景色に、つながっています。

フローリング部分、畳部分を含めて、
全体が、大きなワンルームになっていますが、
必要に応じて、天井のレールのところを走る可動間仕切りで、
仕切ることも出来ます。

一番奥のキッチンから、ダイニング、リビング。

それら全ての部分は、
南北両方向に開かれています。

つまり、家中のどこにいても、
南側の山と北側の海、その両方の景色を、
楽しむことが出来るようになっています。

2階は、同じ材料でも雰囲気の異なる、二世帯住宅の子世帯

2階は、
二世帯住宅の子世帯です。

中庭のようなテラスを囲んで、
一つづきの大きなワンルームのようになっています。

床は、
1階2階ともに、同じ材を使っていますが、
1階は白系、2階は黒系、という具合に、染める色を変えています。

そのため、それぞれの世帯は、
同じ材による統一感を持ちながらも、
全く別の雰囲気のインテリアになりました。

北側の、ダイニングの目の前には、
海が広がっています。

海を眺めながら、毎日の食事をします。

その景色を遮ることがないように、
床から天井までの、大きな窓を設置しました。

一方南側には、
室内と床の段差が無く、半透明の屋根の架かった、
半屋外の中庭テラスを設けました。

それを囲むようにして、全ての部屋が配置されています。

そのため、陽の光が入らない場所はありません。

そして、
ダイニングの先に広がる海が見えない場所も、ありません。

中庭を囲んだ、広いワンルームの好きな場所に、
家具を置くことで、それぞれの場所をつくっていきます。

また、
所々に設置してある、可動間仕切により、
必要に応じて、小さな部屋に仕切ることも出来ます。

寝室等、すべての部屋は、
明るい南側とともに、中庭に向かっても、
開かれています。

中庭には、
光は通すが、雨は通さない、半透明の屋根が、
架かっています。

その上、さらに、
床も、屋内と段差無しで、つながっているため、
半分屋内・半分屋外といった感じになっています。

そのため、窓を開け放てば、
屋内と屋外、すべてが連続した、
大きなワンルームが出来上がります。

YK-House

それぞれが独立した生活を楽しむことが出来るような、
完全分離の二世帯住宅です。

様々なものを、
ひとつのシンプルな木箱におさめたような家になっています。

設計:仲摩邦彦建築設計事務所

  • 6333
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

東京都小平市の一級建築士事務所です。「これしかない」と納得できるようなものを目指し、そこでしか出来ない個性的なものを実現するために、ひとつひとつ丁寧に取り組んで…

おすすめのアイデア

話題のキーワード