賃貸でも出来る!壁の有効活用方法|PART2|フックや虫ピンを使ったインテリア&収納テクニック

賃貸に住んでいる方、壁を有効活用していますか?

壁は、収納アドバイザー的には是非活用して欲しいところ。

大きな雑貨を置くスペースはなくても、例えば、壁に取り付けられる棚に小物を置いたり、壁に絵を飾ったりと、壁にインテリアをとりいれることでお部屋に奥行きや広がりが出て一瞬にして素敵になりますよ。

しかし、賃貸だからついつい気になるのはやはり退去の費用のことではないでしょうか。

今回は、賃貸の方でも安心して取り入れられる壁の使い方をお伝えします!

  • 24410
  • 59
  • 0
  • クリップ

▶テク1・・・「きれいに剥がせるテープ」を使う

貼ってはがせるテープが一番お手軽。私は3Mの物を良く使います。

フックタイプやロールタイプなど種類が色々ありますのでシチュエーションに合わせて幾つか使い分けるのもオススメです!

▶テク2・・・隠す

かける収納はすぐ使えて便利だけれど、ものによっては生活感が出過ぎるのが懸念点。
例えばドライヤー。大きさもあり結構な存在感ですよね。

なので我が家はドライヤーは毎回洗面台の下に収納しています。

フックに掛けたり、コードを巻いて手に取りやすい位置に置いたりしましたが、やはり見た目がきになったので隠す収納に落着きました。

最初は少し面倒に感じましたが、今は無意識に戻せています。

引き出しがあるような大きめの洗面台なら一番使いやすいですが、我が家の洗面下の収納はそんなに大きくないので、その他お風呂で使う石鹸やストック類が収まりきらなくなりましたが、使用頻度を考えてドライヤーを優先し、その分は別の収納に移動しました。
洗面下の扉の裏にフックをかけて、扉を使った収納もありですね!見えないところにかけると、スッキリします。

見える所に置く場合は、木のカゴとかちょっとおしゃれな入れ物に入れると、雑多な感じが薄れて良いかと思います。

▶テク3・・・虫ピン金具(小さな穴は空きますが)

虫ピンは(細いクギなら何でもok)穴もかなり小さいので、時計や絵をかけるのにお勧めです。

例えば、昔の我が家の廊下の絵。

インテリアカタログの切り抜きと画用紙という何とも手抜きでお恥ずかしいですが、気分で変えられるのが利点です。

・右上の画像は、虫ピンを少しだけ飛び出させている様子。ここに絵をひっかけています。
・右下の画像は、ピンを抜いたところ。穴はとても小さいですよ。

以上です、いかがでしたか?

現在は各メーカーから様々なニーズに答えた製品が発売されています。壁に穴を開けなくても方法はたくさんあるので、是非参考にしてみてくださいね。

★Today’s Keyword★―――――――
見せると隠すで、
なんだかいい感じなお部屋の完成♪
―――――――――――――――――

お片付けに悩んだら、おうちデトックスへ♪

「仕事と子育てで部屋がはちゃめちゃ…」
「片付けたいのに片付けられない…」
「イライラして家族に優しくできない…」

そんなお悩みも、部屋が片付くと解決できるかもしれません。

勇気を出して、お片付けデビュー!
罪悪感とイライラの毎日から、一歩踏み出しませんか?

一生使えるセオリーを身に付けたい方は、、

  • 24410
  • 59
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード