読まなくなった本でつくれる芸術、ブックフォールディングでアートDIY!

インスタやアート作品展で噂が広まりつつある、ブックフォールディング。本のページを折っていくと3DアートになるというアートDIYです。パーティー会場に置いたら主役級になりそうな存在感! さっそく、ブックフォールディング界で話題のクリエイター、D.Hinklayさんにコンタクトをとってみました。自分でもつくれるといいんだけど……という、淡い期待をよせながら。

  • 43084
  • 650
  • 3
  • いいね
  • クリップ

インスタフォロワー6万人の人気ブックフォールディングクリエイター

D.Hinklayさんは現在、自身のブックフォールディング作品『OruFun (オルフォン) 』をWeb上で紹介、インスタではすでに約6万人のフォロワーがいます。

「もともと小さいころから折り紙が好きで、ある日インターネットで見つけたブックフォールディングに感動し、独自の作品づくりを始めました」とD.Hinklayさん。

D.Hinklayさんも、はじめは完成品を参考に作りはじめたわけですから、簡単なものなら自分でも作れるのではないかと尋ねてみたところ、初めての人でもつくれるマニュアルを自作し、ハート柄のパターンを無料で提供しているそう! 太っ腹。

こちらのサイトからハート柄のパターンを見てみましょう。

用意するものは、作りたいデザインに合わせたページ数と高さがある本と、シャープペンシル、消しゴム、定規、付箋紙、それだけです。

D.Hinklayさんが作品を作るときは、すでに読まなくなったり、捨てられてしまうはずだった本を利用し、読む以外に本を楽む方法としても提案しているそうです。

作り方は、無料でもらえるスタッツテーブル(折る位置やページ数が書かれた表)に従って折る位置に印をつけ、折っていくだけの、量は多いけれど難しくはない作業。折り紙や編み物、DIY好きにはたまりません。

印をつけて、ひたすら折っていくと……

気がつけば、立体的なハートマークの完成です! これは感動的。思わず人に見せたくなります。さっそく、「#OruFun」「#ブックフォールディング」をつけてSNSに投稿です。

本格的なデザインは自分で作ることもマニュアルを購入することも可能。

D.Hinklayさんクラスの、もっとアーティスティックで本格的なデザインを作りたい場合は、マニュアルを購入することができます。ハロウィンやクリスマスにぴったりのデザインが多数揃っています。

また、最近ではウェディングやパーティー用に作る人も増えているのだとか。ハサミを一切使わないので、子どもと一緒につくるのにも良さそうです。

名前や記念日、ロゴなどのオリジナルデザインもOK

もちろん、D.Hinklayさんが作った完成品の購入もできます。名前や記念日などのオリジナルデザインも受けてくれますので、子どものお誕生日会や結婚記念日のデコレーション、お友達へのプレゼントとしても活躍しそうです。

●ライター 力武亜矢


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 43084
  • 650
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

手作りアクセサリーや手作りバッグ、レジン、ペーパークラフトなど幅広い範囲のハンドメイドの実例記事をご紹介致します!世界に一つだけ、自分だけのハンドメイド作品を作…

おすすめのアイデア

話題のキーワード