レタスと鶏肉とかぼちゃを使って美味しいお鍋を作っちゃいます「鶏かぼちゃレタス鍋」

寒いですね~ 最近!
笑ってやってください! もう主人は
カットソーの下に長袖のアンダーを着ています。(笑)
(今の時期にこれだったら、真冬はどうすんのよね~って 思っちゃいます。)

そんな、
寒がり主人には、体が温まる美味しいお鍋を始めてあげました♪

シャキシャキレタスも、サラダだけでは勿体無い!
レタスを切ったときに出る白い液体に安眠効果があるのと
お鍋に使ってもシャキシャキ感が美味しいレタスをお鍋に使って
体を冷やさずにぐっすり眠れる美味しいお鍋ができました。

鶏かぼちゃのレタス鍋  の作り方のご紹介です。

  • 4522
  • 148
  • 0
  • いいね
  • クリップ

温かい美味しいお鍋をどうぞ

以前は、
お鍋にかぼちゃを使うなんて山梨県のホウトウくらいと思っていたのですが
結構体が温まって良いんですよ~♪ 鶏との相性もいいですしね 。

今回は、優し~鍋汁でほんのり味のついてるのを、大根とポン酢でいただきました♪
美味しいですよ~。

材料

お引っ越し前なので、冷蔵庫に有るものの消化も兼ねてのお鍋なので
いつも以上に、行き当たりばったりです。(笑)

・レタス、約1個分 
 傷んだところを取り除いて、1枚を大きく4つにタテ分けに短冊に切って
食宣伝.comさんオススメの、濃い日本の味わいのある コクと甘みの かぼちゃ
・真の実(まのみ)和ぼちゃ、1/8個 
 種を取り除いて どの1切れにも皮は入るように短冊に切って
・大根のシッポ、10cmくらい 
 皮を剥いてすりおろして、余分な水分を絞って(薬味用)
・木綿豆腐、1丁  16個の角切りにして
・鶏もも肉、2枚  タテ半分に切ってから ヨコに一口大に切り分けました。

鶏は一度焼く

油をひかないフライパンに皮を下にして
・切った鶏肉   を入れて
中火の強火で、焼き色が入るまで焼いたらひっくり返し
反対面も同様に焼きます。 
(中はまだ生ですが、表面が焼けたのから取り出しておきます。)

飽きない出汁づくり

別の、深さのあるお鍋に
・切ったかぼちゃ(真の実和ぼちゃ)  を入れて
・水、カップ6
・コンソメ、1個

無添加で美味しく、
素材の味を底辺から支えてくれて他の旨味も引き立ててくれる
食宣伝.comさんオススメの 万能のお出汁  
・やすまるローストだし、 1包  封のまま入れて 
中火で沸騰させてから、弱火に落として 5分ほど煮出します。

焼いた鶏肉を入れる

・焼いておいた鶏モモ
を、ゆるい沸騰が冷めないように、1個ずつ入れます。

焼いた鶏肉からは、待機させておくと肉の汁が出ますが
灰汁を含んだ臭みも出ている汁なので、捨てちゃいます。

灰汁はこまめに取る

鶏の灰汁の出た、焼いた後に出る汁を捨てても
それでも、すこしは灰汁が出るので丁寧に取り除きます。

豆腐を入れる

灰汁がなくなってきれいになったところで
・切ったお豆腐 を、形が崩れないように丁寧に入れます。

弱火で、先に鍋汁の美味しさを染み込ませます。

(強火にしてしまうと、お豆腐に「す」が入りますし
  形も崩れますので、やさしい火加減で行います。)

味付け

・昆布八方、大さじ2    を入れて、弱火で20分煮ます。

津軽の醤油蔵が作る、水で好みの希釈でいろんなお料理に使えて
アレンジで ご自分の味を作れるスグレモノ! 昆布八方! 
お鍋の季節にも大活躍です♪

昆布八方がない方は、 濃縮めんつゆ   でも代用できますが、
やっぱり、昆布八方のマイルドさと深さは、昆布八方ならではです!

テーブルのい出せるお鍋に移す

テーブルに出せるお鍋に移して
余分は、継ぎ足し分として丼などに入れて
レタスも余分をお皿に盛ってテーブルに運びます。

テーブルでグツグツ

グツグツ、良い香り~♪
「かぼちゃと鶏?斬新やなぁ~」と、主人は申します。

夏に比べて、
お野菜の食べる量が減っていますのでたっぷりお野菜を食べてほしいです。 
それにかぼちゃには血行を良くして 胃腸を温めてくれる効果がありますから
食物繊維も多いし、カロチンも多いから今の季節に持って来い!
すべて主人の体を思ってのことですが、 そこに斬新さが付いてきただけのこと♪

柔らかい香りの良いお肉と、かぼちゃらしい香りのかぼちゃ♪
主人の大好きな熱々のシッカリしたお豆腐♪
ネギや、春菊や、一般的な鍋のお野菜はないですが、
いい感じの仕上がりです。

辛味の強い大根

大根は、側面にある毛穴というか、エクボというか
あの点々が、まっすぐに並んでおらず
ガタガタにランダムに点在している物の方が辛味を持っています♪

山高に盛り上げずに、パテ型で平らにして出しましたが
辛みの薬味として、ポン酢とともに美味しくいただく手段です。

実食

各自、取り分けて  好みのポン酢で いただきます。

かぼちゃからいただきます。
旨い! かぼちゃとポン酢と大根おろし これがまたとっても合います。

食べてすぐに分かる、ホクホクかぼちゃの、身体の温まり方。
めっちゃ温まる♪

シャキシャキのレタス

レタスも
シャキシャキで、甘みも出て独特の香りがたまりません♪

この、シャキシャキ!りません。
レタスを、お鍋に入れるの大賛成です(笑♪)

プリプリジューシーな鶏肉

鶏肉も
大根おろしを乗っけて、美味しくない訳がない !

鶏!とってもやわらかで、鶏独特の生臭さもなく
主人も感動していました。

ついこの間まで、
汗かいてたのが嘘のような急激な寒さですね!

体調を崩さないように温かいもの食べて
皆様、風邪をひかないでくださいね♪

体の温まる「鶏かぼちゃのレタス鍋」の作り方のご紹介でした♪


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 4522
  • 148
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード