軽くて持ちやすくてかわいい!DIYがもっと楽しくなる女子向け工具セット

DIYでせっかくかわいいお部屋づくりをしているのに、使う工具がかわいくない。そこでかわいい工具入れを作ったけれど、中身がやっぱりかわいくない。こんなにDIY女子が増えているのに、可愛い工具は売ってないのかな? と探していたら、見つけました! お部屋に置いていてもオジさん臭くない、女子向け工具セットを。

  • 25287
  • 718
  • 4
  • クリップ

女には工具が重いという事実を、男は知らなかった

コンパクトで女性でも使いやすい工具《DIY GIRLS》を考案したのは、元大工さんで現在は合同会社ラウルトレーディングの社長、金田昌之さん。

「工具は、男性が使うことを前提に作られています。だから少々大きくて重くて当たり前でした。ところがある日、大工仕事をさせてもらった家の奥様から、『DIYに興味があるのですが、工具ってけっこう重たくて、私には無理そう』と言われまして。そのとき初めて、女性にとって工具は重たくて扱いにくいものだと知ったんです(金田さん)

その後、ご自身の奥様からも「ウチは家に大工さんいるからいいけど、工具なんて重くて大きくて、よくDIY女子は自分で扱うよね~。怖くないのかな? 私には絶対無理!」ととどめを刺され、女性が楽しくDIYできる工具を販売しよう! と決意したそうです。

かわいいだけで売っては危険。安全に使ってもらえるひと工夫も

女性向け工具をつくるにあたり、最初に考えたのは「見た目のかわいさ」と金田さん。

「ゴツゴツ感を減らし、色は女性に好まれそうなピンクを採用しました。でも、かわいくなりすぎても子どもっぽくなってしまうので、ブラックとのコントラストで、大人かわいい見た目にしました」

そうなると、気になるのは肝心要の機能性。工具だけに、安全性はマストです。

「元大工である私が工具を商品化するとき、“安全であること”は絶対条件。工具の機能性が高く、かつ安全に配慮していることは当たり前の前提として、その使い手に、安全に使っていただく方法を伝えることも、私たちの役目だと考えています。

ただ、すべての購入者の家に行って説明することは不可能。そのために説明書が存在するわけですが、工具の説明書は専門用語が多すぎて、これからDIYをしたいと思って読んでくださる人には、サッパリ意味がわからないと思いました。

なにかあった時、『説明書があるんだから、読まない方が悪い』なんてありえない。そこで私は、女性が楽しく読める取り扱い説明書をつくったんです」

こだわりは女性が使うことをイメージしたフォルムと重さ

かわいいだけでなく、女性が使いやすい形状にもこだわったそう。

「たとえば電動ドライバーの場合、一般的に売られているものは大きくて重いものが多いですが、《DIY GIRLS》では女性の手でも握りやすい大きさにこだわり、重さも約450gと、高く持ち上げて使っても疲れにくいようにしました」

450gって、ペットボトルよりも軽い! 高い場所でのネジ締め作業がずいぶんラクになりそうです。

プロが教えるDIY工具のお手入れ方法

最後に金田さんから、工具を長持ちさせるお手入れ、収納方法を教えていただきました。

1. 刃物はよく切れる状態で収納しておく

「きちんと収納することは、きちんと手入れをしていることにもなると思っています。とくに刃物(ノコギリなど)は、大事に扱わないとすぐに切れ味が悪くなります。切れ味が悪い刃物は怪我のもとです。プロの大工さんが上手に木材を切れるのも、切れ味の良いノコギリを使っているからです。

刃物を収納する際は、そのまま工具箱に入れたりせず、新聞紙などで包んでしまうだけでも、切れ味が保てます。あとは湿気。錆は切れ味を悪くする原因にもなります」

2. 充電式の電動工具は充電してしまう

「使いたい時に充電されていないと、ストレスになりますよね。充電式の工具は、リチウムバッテリー式のものをおすすめします。リチウムバッテリーは、10分でも充電すればそれだけ使える時間が長くなり、使わない時はほとんど電池は減らない特徴があります。使用後に少しでも充電しておけば、一週間使わなくても、電池の減りが少ないのですぐに使えます」

《DIY GIRLS》を使って、さらにDIYを楽しみましょう!

●書き手 力武亜矢

  • 25287
  • 718
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード