大きなカボチャを美味しく飽きずに使い切る「豚バラかぼちゃの旨味炊き」の作り方ご紹介

かぼちゃ、大きいの1個買うと、結構な量ですので
「また、かぼちゃの煮物~?」と、言われないように
美味しいかぼちゃの煮物のご紹介です。

次の日のも更に美味しくなりますので、タップリ作り置きしたいですね。

常に、食べ物のことが頭から離れない私ですが
特に秋になると、美味しい食材が増えるので
よけいに頭の中の主人が占める割合が狭まります(笑)

そんな私が、どうしても食べたかったのが、
豚バラの美味しい旨味を吸ったほくほくのカボチャ♪ 
豚の脂の照りがたまりません♪

なので作っちゃいました!
「豚バラかぼちゃの旨味炊き」の作り方のご紹介です。

  • 2955
  • 75
  • 0
  • いいね
  • クリップ

みんな喜ぶ 豚バラかぼちゃの旨味炊き

濃い味ではないので、かぼちゃのほくほくの甘さ、
豚肉の旨味脂身の旨味きのこの旨味がいい具合に絡んで♪ 

ご飯がすすむ♪お酒が進む美味しさです。

それでいて短時間でできるので、嬉しいメニューですよ~

主な材料

メイン材料はこれです。

・真の実(まのみ)和ぼちゃ、1/8個  (昔ながらの日本のかぼちゃです)
 (写真は1/4個ですが この半分を使いました)
・豚バラ肉、170g程度 ヨコ4つに切り分けて 食べやすい長さにして
・霜降りひらたけ、1パック  石づきを外して、手で割きます。

いつも書いていますが、きのこ類は水では洗いません。
汚れは叩くか削り落とすか拭き取るかにして、
金っ気も嫌うので包丁もできれば使わないほうが良いです
(ステンレス、セラミックはOK)

ニンニクの良い香りを使う

焦げ付きにくく弱火調理で大活躍の 「クックレインボー」 を使って
弱火で火を入れて、作っていきます。
(短時間でできる美味しい煮物で、しかも弱火調理がありがたい♪)

・にんにく、1個 タテ半分に切って  (芽は取ってね~)
・オリーブオイル、大さじ1
ゆっくりと、良い香りを立たせます。

強火で火を入れると、ニンニクの糖分が焦げやすく
焼けたゴムのような香りになるので、弱火で香りを出すのが重要です。

豚バラ肉に香りをまとわせる

・切った豚バラ肉  
を、入れて菜箸でほぐすように炒め、半分ほどお肉の色が
変わるまで炒めます。

霜降りひらたけ

豚肉に半分ほど火が通ったら
・手で割いた霜降りひらたけ  を入れて
全体が均等に混じり、馴染むように炒めます。

かぼちゃ投入

・大きめの一口大に切ったカボチャ  を入れて
豚の脂が、かぼちゃの表面にまとわりつくように混ぜます。

甘みを先に

・酒、カップ3/8
・みりん、カップ1/4   を入れて
かぼちゃが汁に浸るように凸凹した表面を整えて
甘みを先に染み込ませて、かぼちゃに火を通します。

フタをして

かぼちゃと豚肉に落し蓋をして
弱火で
蒸気圧力調整のできるクックレインボーのフタのメモリを
少しだけ蒸気を逃がす「1」に設定して  弱火で15分煮ます。

お醤油味をつける

15分したら、お鍋のフタを開けて
・薄口醤油、大さじ2  を入れます。

かき回さずに、お鍋を煽って混ぜる

菜箸でかき回すと、かぼちゃが崩れて美しくないので
鍋をあおって、全体に汁をまとわせます。

煮汁をまとわせたら 同じようにフタをして、
弱火で7分~10分  で、美味しい煮物の完成です。
 (o^-')b簡単でしょ~♪

完成&盛りつけ

豚バラかぼちゃの旨味炊き、完成です。
作った分全部は盛りつけず、美しく見えるように山高に盛りつけます。

薄口醤油を使っているので、かぼちゃの色もきれいです。

とりわけ

各自取り分けまして、いただきます。

たまらない♪
豚バラのヒラヒラとかぼちゃが絡まって
きのこの旨味を吸って目の前に!   いざ実食!

芯まで旨味が染み込んで

ほっくほく~♪ いい味になっています。

ほくほくなのに、豚肉の旨味とキノコの旨味がシッカリと絡んで、
30分ほどで出来た煮物とは思えない出来です。
 
主人は私と結婚するまで、かぼちゃ好きではなかったのですけれど
今では、そうとうのかぼちゃ好きになりました。♪

また、かぼちゃか・・・
と! 言わせない 美味しいかぼちゃの煮物!
また作ってと、せがまれる
「豚バラかぼちゃの旨味炊き」の作り方のご紹介でした♪

  • 2955
  • 75
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

主婦

おすすめのアイデア

話題のキーワード