お家にある「ゆかり」でアレンジ 〜 ゆかり・オリーブオイル・レモンで作る、ゆかりチキン

中東料理でよく使われるスパイス「スーマック」の代わりにゆかりを使った、チキン料理です。

  • 4017
  • 72
  • 1
  • いいね
  • クリップ

「スーマックがなければゆかりを使えばいいじゃない」レシピ、第2弾です。

中東料理でよく使われるスパイス、スーマック。色も酸っぱさも、ちょっと「ゆかり」を連想させるこのスパイスの代わりに、ずばりゆかりを使って見たら、また新しい感じのお料理ができました。

前回はサラダ⇩をご紹介しましたが、今回はチキン料理です♪

サラダだけでなく、お肉料理にも使えるスーマック。

こちらは、ギリシャのビーチにある「海の家」的なところで食べたスーマック・チキン。これに似たものをゆかりで再現してみました。

材料

鶏肉はお好みの部位で。今回はドラムスティック5本です。
オリーブオイル:カップ2/3
ゆかり:大さじ3
レモン:1個
塩コショウ

作り方

- ボウルにオリーブオイル、レモン汁1個分、ゆかりを大さじ3ほど入れて混ぜます。

- マリネ液にチキンを漬け込みます。30分ぐらいから一晩ほど。

- あとは焼くだけ。お肉の部位に合わせて、フライパンやオーブントースターで焼きます。今回は、スキレットで皮に焼き目をつけてから、190度のオーブンで20分ほど焼きました。

- 焼き上がり五分前にお好みでスライスアーモンドを散らして、もうひと焼き。

出来上がり♪

レモン汁とゆかりの酸味が、オリーブオイルで良い感じにマイルドになり、優しい酸味になりました。ゆかりも火を通すと、ご飯にかける時とは風味がちょっと変わって、ゆかりだとは気づかないほど。

スーマックを使うよりも、酸味が立っている感じ、でも酸っぱさが自己主張しすぎていなくて、これはこれで新しい味になりました。

今回はドラムスティックを使いました。個人的には、皮付きの方が、カリッとジューシーなので好きですが、胸肉でも何でもオッケー。

今回は取っ手にアルミホイルを巻いて、子供が丸のままお弁当に持って行きました(笑)

白身のお魚やサーモンに使っても、これでお野菜をマリネして焼いてもいいかもしれません。

  • 4017
  • 72
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

カリフォルニア在住。夫の大きいチャン、娘の小さいチャンの3人家族。カリフォルニアや旅先で気になった美味しいもの、珍しい食べ物を、なるべく身近な食材で再現できない…

おすすめのアイデア

話題のキーワード