ジーンズのたたみ方に注意!!

たたみ方って、どうでもいいと思うと思うのですが、
実は、ちゃんと畳まないと・・・・とんでもないことが・・・・(笑)。

  • 25047
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

実は、ジーンズのたたみ方も気をつけないと、大変なことになっちゃいますよ。

↑このようなたたみ方している方いませんか?

やめろほどのことまでは言いませんが、常にこのようにたたんでいると、どのようなことが起きるのか、
ちょっと興味深いお話も交えていきたいと思います。

結構、ご年配の方がお持ちになる時、このようなたたみ方をしている場合が多いですね。
ただし、このたたみ方をメインにしているとセンターに折り目がついちゃうので、
そこがどんどん白くあたりがついて来ちゃって、どんでもないあたりが出ちゃうんです。

テキサスカウボーイはわざと画像のようにたたんでいます。

ジーンズとカウボーイというと、切っても切れない仲ですよね。

ジーンズの歴史の上で、重要なカウボーイというと、カンサスカウボーイとテキサスカウボーイです。

単純にいうと、テキサスカウボーイのファッションは、結構派手めですね(笑)。

カンサスのカウボーイは Lee を好んで履いているようです。

テキサスカウボーイはWranglerをよく履いているのですが、

カウボーイの独特のファッションってご存知でしょうか?

どんな時も、カウボーイファッションなんです。

結婚式の時もそれ用のテンガロンハットに、ウエスタンブーツ、ジーンズがあるのです。

それが定番化されたのは、Wranglerのオリジナル定番 『13MWZ』が発売されてからのようです。

新品の13MWZは、最初の画像のように畳まれています。(今は違うかもしれません)
ブルーが濃い頃は先に申し上げたように、結婚式など、正式な場所に履いていき、
色が落ちてくると、センターにあたりがつき、白くなってしまいますので、
そうなったら、仕事着として、使用します。

13MWZが好きな人は、わざと、そのようなライフスタイルで、センターのあたりをつけるのが醍醐味だったりする方もいます。

ブロークンデニムという生地を開発したのも、この13MWZの時で、のちにWranglerの代名詞にもなりました。

因みに、カウボーイファッションでNYに行くと、田舎者扱いが酷いらしいです(笑)。

このようにたたんだ方がいいですよ。

まあ、たたみ方は本当、自由なんですけど、真ん中の画像のように、白い線をつけたいわけではないのであれば、上の画像のように畳まれる方が、いいと思いますよ。

基本的には、この状態で、三つ折りですね。

デニムという生地は、染色堅牢度が悪いわけです。
簡単に言えば、色のノリが悪いのです。

ですから、色落ちを楽しめるわけです。

そのため、たたみ方一つでも、色落ちは変わって行くのです。

そんなことも、楽しんで、ジーンズライフを楽しみたいですね(笑)。

  • 25047
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ジーンズ修理の専門店。東京中目黒にて、ジーンズの穴補修や、チェーンステッチでの裾直し、ジーンズ関連での修理を専門的に行っております。また、リメイクジーンズや、ジ…

ラントンレーブさんの他のアイデア

ファッションのデイリーランキング

おすすめのアイデア