神奈川区N邸-新防火地域でも木のぬくもりを-

神奈川県横浜市神奈川区 2017年7月竣工
敷地面積:119.37 M2

新しく制定された「新防火地域」に建つため、
2階建てでも45分の準耐火建築物を要求される住宅です。
耐火ボードですべてを包んでしまう安易な方法や、
木肌を見せられなくなるのは嫌だなあと思い、
ちょっと頑張って「燃え代設計」をおこないました。
見た目は120*180の登り梁ですが、
燃え代分を引いたサイズで構造設計を行い
野地板のJパネルの上の通気胴縁と
野地板をサンドイッチしたハニカム面として
屋根を成立させました。
普通の根太天井のように見えますが、
結構凝ったことをやっております。

  • 3907
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 3907
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

用・強・美が求められる建築・住宅の設計に対して心・技・体で答えていく。それが当社のスタンダードポリシーです。事務所を創立して20年。今まで数多くのクライアントと…

おすすめのアイデア

話題のキーワード