N-BOX 明るいパイン材の床に濃いウォールナットの家具でコーディネート

「床の色と家具の色は合わせた方がいいんでしょうか?」
インテリアコーディネートをする際、よく聞かれるこの質問。
床と家具の色を揃えなくても大丈夫ですよ!
変えた場合のコーディネート例をご紹介します。

  • 8048
  • 17
  • 0
  • クリップ

こちらは戸建住宅モデルハウスのリビングです。
床はパイン材、壁には白タイル、白クロスを貼ってあります。
壁に造り付けられた家具も同じパイン材で、明るいナチュラルな空間となっています。

明るい色の家具を選ぶと統一感が生まれますが、印象的で落ち着いた雰囲気にしたかったため、あえて変えました。
左右どちらからも出入りできるリビングのため、ソファは高さのないダークグレーのものを。
円形リビングテーブルを合わせることで、角ができず、回遊性を生かすことができます。
同じく円形のコンパクトなサイドテーブルは、移動させやすく、ソファに差し込んで使うことができるものをご提案しました。

キッチン横から続くダイニングスペースには、木目が美しいウォールナット突き板のテーブルをセレクト。
小さなお子様の頭に当たりがちな天板の角が丸く、安心してお使い頂けるデザインになっています。

椅子の張地は、リビングのラグで使っている2色とリンクさせました。
色数を抑えて全体の統一感を出しています。

いかがでしょうか?
床と家具の色は合わせても、合わせなくても構わないので、自由に楽しんで選んで下さいね。

85inc.では空間に合わせて、インテリアコーディネートやオーダー家具を製作できます。
お気軽にお問い合わせ下さい!

  • 8048
  • 17
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード