【特集・小倉優子さん】初めてのDIY!ホームセンターアイテムで作るトイボックス(後編)

連載2回目で、DIYクリエイターのWAGON WORKS(ワゴン ワークス)・chikoさんに教えていただきながら、「100均アイテムで作るフォトフレーム」に挑戦した、小倉優子さん。今回は少しレベルアップして、電動ドリルを使った、ホームセンターアイテムで作る“トイボックス”に挑戦します!

おもちゃもしまえて、運ぶのも楽ちん! 取っ手付きのトイボックスを作ろう!

小倉優子さん(以下、小倉さん):今回もよろしくお願いします!

WAGON WORKS・chikoさん(以下、chikoさん):今回作るのは、ランバーコア合板と杉板を使ったトイボックスです。ランバーコア合板は反りにくいので、形をしっかりさせたいときにおすすめの素材なんですよ。杉板の長所は、風合いがよく出るという点ですね。また、ウィールを付けた移動可能なタイプにしましたので、お子さまでも使いやすいと思います。

木材は、ホームセンターでサイズを告げてカットしてもらいます。本来は違った用途に使うものですが、コの字ボルトを取っ手として使うというアイデアです。

●材料:杉板3枚(底と両サイド用)、ランバーコア合板6枚(前後角3枚)、塗料(ホワイト、ブラック)、ネジ、コの字ボルト、ウィール、ステンシルシート

●準備するもの:電動ドリル、スケール、ハケ

①底、両サイドに使う杉板をネジで留める

chikoさん:電動ドリルでネジを留める場合、あまり急いでやると板が割れてしまうことがあります。しっかり押さえながら、ゆっくりやると、上手にできますよ。

②ランバーコア合板をネジで留める

chikoさん:ランバーコア合板をネジで留めます。前面の真ん中は、ステンシルを施してから留めるので、空いた状態にしておきます。

③角にヤスリをかける

chikoさん:子どもが使うのものなので、しっかりと角をやすりにかけて、安全にしましょう。

小倉さん:確かに、トゲが刺さってしまっては、大変ですよね。

④塗料を塗る

小倉さん:この塗料は、ツーンとした臭いが全然しないですね。

chikoさん:“グラフィティーペイント”という臭いの少ない塗料を選びました。お子さんが使うアイテムは、特に環境や人体に配慮したタイプを使うといいですよね。

小倉さん:これなら心配なく子どもと一緒にDIYができるので、安心ですね!

⑤ステンシルを施す

chikoさん:ステンシルを上手に仕上げるポイントは、筆についた塗料を一度しっかり拭いてから始めることです。そうすることで、エッジがくっきりして、にじまなくなります。

小倉さん:(ステンシルを進めながら)ステンシルって、実はなかなか手間をかけた作業なんですね。

chikoさん:トントントントンと、地味に何回もたたいていかなくてはならないので……。

小倉さん:この筆はステンシル専用ですか? 毛足の長さが均一ですよね?

chikoさん:そう、専用の筆です。ステンシル用の筆は100均で購入できますよ。個人的には、ダイソーさんの筆が使いやすくて、愛用しています。

⑥取っ手となるボルトをネジで留める

chikoさん:塗料が乾いたら、ステンシルを施した板を止め、取っ手となるボルトをネジで留めます。ボルトを差し込む穴は、あらかじめ、電動ドリルで開けておきましょう。

今回使ったのはコの字ボルト。本来は取っ手ではないのですが、ホームセンターで見つけ、取っ手として使ってみようと考えたアイデアです。

⑦ウィールを取り付ける

chikoさん:底にウィールを固定したら、完成です。

小倉優子さん作、トイボックスが完成!

小倉さん:安全な塗料を使ったり、しっかり角にヤスリをかけたりするなど、子どもの安全を考えられているところが、とてもいいと思いました! 息子はおもちゃの工具で遊ぶのが大好きですし、ぜひ一緒に作りたいアイテムです。

息子さんのおもちゃ収納にお悩みだった、小倉さん。ご自宅のインテリアのトーンに合う、オリジナルのアイテムが完成して、大満足の様子でした。

次回は、小倉さんのあの収納の悩みを解決⁉ 整理収納アドバイザー・小脇美里さんと小倉さんの対談をお届けします!

(つづく)

【小倉優子(おぐらゆうこ)】
1983年11月1日生まれ、千葉県出身。グラビアアイドルとしてデビューし、現在は2人の息子さんを持つママタレントとして活躍中。趣味はパン作りで、09年にはパンアドバイザーを取得。料理本『小倉優子の毎日ほめられ ごはん』(講談社)を出版するほど料理好きでもある。

【WAGON WORKS(ワゴン ワークス)・chiko】
DIYクリエイター、スタイリスト、コンサルタント。中古住宅を購入して始めたDIYにのめり込み、ブログやSNSで発信。東京、大阪、名古屋を中心にワークショップやイベントを開催中。

●Photographer:Kenichi Sugimori
●Stylist:Kazue Mizushima
●Hair and Make-up:Mio Matsumoto(GON.)
●Director:Shunsuke Nakagawa(CROSSRING)
●Casting:Hiro Suzuki(Hybiscus)
●Editor:Aya Kanaizumi,Takashi Otsubo(LIMIA)

【衣装】
●トップス(Leilian/(株)レリアンお客様相談室:0120-370-877)

【特集・小倉優子さん】憧れはヨーロッパ風のインテリア。かわいい子ども部屋作りが楽しみ♡

子育て世代の女性は、毎日やるべきことが盛りだくさん。上手に切り抜けるコツは、とにかく自分らしく楽しむこと! 今年2月から仕事復帰された小倉優子さんも、仕事と子育てを楽しみながらこなしている女性の一人。働くママ代表として、ハッピーに過ごす空間作りについてお話いただく連載のスタートです! 連載1回目は、小倉さんの好きなインテリアや子ども部屋について伺いました。

LIMIA編集部

【特集・小倉優子さん】初めてのDIY!100均アイテムで作るフォトフレーム(前編)

連載1回目で、「息子とDIYにも挑戦したい」と話してくれたタレントの小倉優子さん。連載2回目では、どんどんたまっていく家族写真を上手にインテリアに取り入れる、100均アイテムを使った“フォトフレーム”作りにトライ! 作り方を教えてくれたのは、DIYクリエイターとして活躍中のWAGON WORKS(ワゴン ワークス)・chikoさんです。

LIMIA編集部

【特集・小倉優子さん】“お片づけ育”で子どももママもハッピーに!整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談(前編)

連載1回目で「息子のおもちゃ収納に困っています」とお悩みを打ち明けてくれた、小倉優子さん。今回は、同じ働くママであり、ライフスタイリスト/整理収納アドバイザーとしても活躍中の小脇美里さんと、育児、そして小倉さんがお悩みのお片づけについて、語り合ってもらいました。

LIMIA編集部

【特集・小倉優子さん】“お片づけ育”で子どももママもハッピーに!整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談(後編)

ライフスタイリスト/整理収納アドバイザー・小脇美里さんとの対談、後編。連載最後となる今回は、小倉さんが抱えている収納やインテリアの素朴な疑問について、小脇さんがマル秘アイデアを紹介しながら、解決していきます。家の収納のお悩みが、小脇さんのテクニックで改善できるかも⁉︎

LIMIA編集部
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー