ラクに【洗濯物】を片づけるコツ

洗濯ものの片づけが途中で終わったり、後回しになることってよくあります。
ラクに洗濯物を片づけるコツってあるんです。洗濯物の片付けは実は、洗濯物を干すときからはじまっています。

  • 167105
  • 926
  • 3
  • いいね
  • クリップ

5分で洗濯ものを片づけるために

洗濯物って、
気を抜いちゃうとすぐに、

ソファーの上にたまってしまったり、
せっかく畳んだのに
子供に散らかされちゃったり、と

洗濯を取り込んでから、
あるべき場所に収納するのに
手こずることってよくあると思います。

洗濯物を片づける時に、
5分で片付く仕組みができていると、
毎日がもっとラクになります。

洗濯物を片付ける時よりも、洗濯物を干すときが大切です。

洗濯物を5分で片づけるためには、
収納場所のことを頭に入れながら、
洗濯物を干していくことがポイントです。


同じ種類のモノが
同じ場所に収納されているとベストです。

たとえば、
タオル
下着

毎日洗濯をすることも多いと思います。
タオルと下着の収納場所が
近い場所にあると、
元の場所に戻すのがラクですね。


洗濯物を干すときも、
タオルと下着は近くに干す。

洋服は人別に分けて干していきます

洋服の収納場所は
人別に分かれていることが多いと思います。

なので、
洗濯を干すときも、
人別に分けて干しておきます。

人別にネットに入れて洗濯をするのも
良い方法ですし、

洗濯が終わった山を
人別に分けてから
ハンガーに干していくのも良いですね。

洗濯を取り込むときにもコツがあります

洗濯物を取り込むときも、
グループごとにまとめて
とりこんでいきます。

ワタシの場合は
取り込む順番も決まっています。

①タオル→その場で畳んで積みます
②下着→その場で人別に分けて畳みます
③人別に分けた衣類
 (ハンガーに吊るした状態のまま)


あとは収納場所に戻すだけ

ここまで段取りができていると、
洗濯物を元の場所に戻すのは
5分あればできます。


たたんだタオルは
タオル置き場に。

下着も人別に引き出しに入れていく。


衣類はハンガーのまま
クローゼットに戻す。

ねっ、簡単でしょう!?

ラク家事を考えるって楽しいね!

ワタシは結構な家事おたく(笑)で、
いかにラクに家事ができるか?を
結婚してから毎日、
家事の効率化について30年近く考えています。

ラクに片付く仕組みができて
うまく家事が回るようになると、
毎日の家事がぐっと楽しいものになってきます。

ついでついで、
家事も
歯磨きをするくらいの感じで、
ラクに楽しく済ませることができるんです。

決まった形で手を動かすのも楽しい。
元の場所に戻すのも簡単。

結果として、
お家はいつも快適な状態になりますし、
ラクにできているという達成感あり。

使う時も、
いつもキレイなものを使うことができる。
家族からも
あれどこ?どうなってんの?と
言われることも少ない。


ストレスフリーな毎日は、
最初に仕組みを作っておくと、
誰でも手に入ります。

家事も些細な事の積み重ね。

大雑把な視点で、
些細なことを処理していく力が
家事力なのかなぁって
思えます。


洗濯ものの干し方も
仕組み作りと考えて、
ラクになる方法を考えてみるのも
楽しいですよ。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 167105
  • 926
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

大阪、北摂、神戸、でお片付け個人レッスン&セミナー、思考と空間のお片付けをご提案しています。片づけることで暮らしや人生までも好転してきます。ずぼらさんにも好評の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード