バスタオルを早く乾かしたい人必見!無印良品の厚さを選べるタオルがオススメ!

バスタオルは、大判なので乾くのにも時間がかかりますね。
生乾きだと雑菌の繁殖も気になります。
早く乾かしたいけれど、バスタオルは時間がかかるモノと諦めていませんか?
タオルの厚みで乾き方が変わります。
無印なら、タオルを好きな厚みで選べるんですよ。

バスタオルは乾きにくい

洗濯物を取り込む時、バスタオルの端が
カラッと乾いていると嬉しくなります。

反対に、まだしっとりしていると
ガッカリ…。
今日はまだ乾ききっていないんだ。


洗濯物同士が重なりあったり
ぶら下げて干すと
どうしても下の面が乾きにくいですね。

厚みが決め手

そこで、薄手のタオルなら乾きが早いだろうと探していたところ
無印良品で見つけました。

しなやかタオル・薄手


糸の細さや織り方で、とても軽く仕上がっています。

しかもオーガニックコットン使用というのも
嬉しいポイントです。

厚さに種類があった

厚さは3段階。
パンフレットによると

同じサイズでも用途別で選べます。


厚手と薄手の間を取って、中厚手が人気かと思いきや
「薄手が人気なんですよ」
とお店の方がおっしゃいます。

「早く乾くというので選ばれているようですね」

お店の方も使われていて、その効果はお墨付きです。

「そして、バスタオルもサイズがあって
このスモールバスタオルと書かれていますが
実は、そんなにスモールでもないんですよ。
バスタオルとして十分使えるサイズ感なんです」
とも。

実際に干してみた

無印のバスタオルのサイズは
70cm×140cm

スモールバスタオルは
60cm×120cm

若干小さめです。


我が家の物干し竿で干してみると

今まで使っていたバスタオルと幅は遜色なく
長さも問題なし。

無印の方が長いくらいです。

バスタオルとして十分使える大きさです。


薄いと、使い心地が気になりますが
髪や体を拭いても違和感なく
耳や指のような細かいパーツを拭くときには
その形に添って拭けるので、かえって拭きやすいくらいです。

収納も便利

薄手のポイントとして挙げられるのは
畳んだときの厚みも薄いというところ。


これまでは、乾かない事を前提で
フェイスタオルとバスタオルを
2枚ずつ用意していましたが

これだけで、棚がいっぱいになっていました。


今は、洗ったらすぐ乾くので1セットで十分事足ります。

収納も

こんなに余裕が生まれました。

いかがでしたか?

タオルは、直接肌に触れるので
お気に入りを使いたいものです。

しなやかタオルの風合いを保つために
ポイントがあるそう。

柔軟剤を使い過ぎない

干す時はパタパタと振ってから

糸が飛び出したらハサミでカットする


これだけを守れば、しなやかな風合いを
長く楽しむことが出来るとのこと。


ちょっとしたことですが
タオルも大事に扱うことで、良い状態を長く保つことが出来れば
結局はお安い買い物になりますね。


バスタオルを早く乾かしたい時は
タオル地の厚さがポイントです。

薄手のタイプを試してみてくださいね。



コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー