連載⑦「庭を愉しむ家」離れ感のある葦天井の和室

離れ感、葦天井、雪見障子、お客様もリラックスして泊まれる落ち着いた和室です。

  • 3297
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

離れじゃないけど、離れ感ありの落ち着いた和室

「庭を愉しむ家」。
たくさんのこだわりが詰まった住まい。

今回は「和室」をご紹介したいと思います。

和室は家族が集うリビングとは、離れた位置にあります。

先日紹介しました書斎の横に入口があります。
家族が集うリビングとは離れた位置にあるので、落ち着いてリラックスできる部屋です。
お客様が泊まれる部屋にもなりますよ。

高級旅館のように落ち着いた上品な和室になりました

二人くらいなら、宿泊もできるスペースです。
お施主様曰く、民泊が出来そうというほど(笑)

ご自身でつくられた銘木を使った棚。いい味を出しています。

フルオープンできる内障子

内障子は引き込むことができ、フルオープンにすることができます。

庭には、建て替え前から植わっている木々があります。
「タラの木は、春になるとタラの芽を取って、てんぷらをするんです」と工事前の打ち合わせにてお話下さったこと、とても印象的でした。

庭を愉しむ雪見障子

掃出し窓の内障子は、雪見障子に。
住みながら楽しんで庭をつくっていかれるとのこと。盆栽もお好きなので、きっと素敵な和の庭をつくられるのだろうと想います。

葦の天井

和室の天井は葦(よし)。
葦は「あし」とも読みますが、「悪し」につながるので、「よし」と呼ぶのがいいのだとか。

葦天井は
天然の葦をベニヤに貼りつけたものを採用しました。

葦の天井でも種類はいろいろありましたが、いくつもサンプルをとり、実物を見て最終決定しました。

和道具が合う和室になりました

アンティークショップや古道具を見て回られるのが好きな施主様。
お手持ちの和の道具も、馴染んでいます。

ぜひHPへも遊びに来てください。
京都にて9/9(土)と9/20(水)無料セミナーを開催しますよ。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 3297
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

京都の小さな設計事務所、池田デザイン室です。女性ならではの視点で、「住まい」に真剣に向き合い、「家族の気配を感じる間取り」「暮らしやすい収納と間取りの工夫」「本…

おすすめのアイデア

話題のキーワード