【2022年の流行りもの】生ゴミを堆肥に変える「コンポスト」家電で食を無駄にしない

私たちが減らす努力をしたいのは、家庭から出る生ゴミ。水分を含んだ生ゴミの焼却には大きなエネルギーが使われます。そんななか、今、注目されているのが、生ゴミを堆肥に変える「コンポスト」なんです。
分解&乾燥まで自動で、室内…

  • 14
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

私たちが減らす努力をしたいのは、家庭から出る生ゴミ。水分を含んだ生ゴミの焼却には大きなエネルギーが使われます。そんななか、今、注目されているのが、生ゴミを堆肥に変える「コンポスト」なんです。
分解&乾燥まで自動で、室内で使える家電コンポストを紹介します。

こちらの記事もおすすめ

【10月号予告】有料化になった今、毎日一緒にいたい「エコバッグ」が大本命

目次

パナソニック家庭用生ゴミ処理機

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機

パナソニック家庭用生ゴミ処理機

家庭用生ごみ処理機MS-N53XD

約130℃の温風で乾燥させる標準モードでは、軽くてかさばらない有機質肥料がつくれます。大容量なのにコンパクトサイズで、置き場所にも困らないのがうれしいポイント。W26.8×D36.5×H55cmオープン価格(パナソニック)

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機

家庭用生ごみ減量乾燥機パリパリキューブライトアルファ

生ごみをワンタッチで短時間のうちにフレーク状に。音が静か、清潔感あるデザインでキッチンにもセットしやすい。直径21.5×H28.3cmグレイッシュシルバー¥30,360(島産業)

微生物の力を借りて分解するコンポストだと時間が必要ですが、熱風を当てて生ごみを乾燥処理する家電タイプなら、室内に置けてごみが出るたびにごみの量を減らすことが可能。今後、改めて注目したい家電です。

取材・文/新里陽子 編集/松田睦美

こちらもチェック

【3COINS 2月】スリーコインズのサスティナブル。5つのたわし&ブラシでキッチン改革

【新商品のご紹介】サスティナブルで環境にやさしい竹素材を使用したホームウエアブランドEKOBO(エコボ)より「シリコンシリーズ」が登場!

化学素材メーカーが手がける、サスティナブルブランドの新シリーズが登場!

  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

毎日忙しい主婦を徹底応援!収納、料理、掃除の簡単アイデアや、暮らしがときめく雑貨、食品、ファッション、美容の情報を毎日お届けします。

Martさんの他のアイデア

おすすめのアイデア