写真整理はおしゃれに“見せる収納”がイマドキ!?《Photoback》で作る上質なライフスタイル

撮りためた大切な写真データ、どうされていますか? データがあるだけで何もできていない……重たいアルバムを押入れにしまっている……なんてもったいない!

〔コンテンツワークス〕の提供する《Photoback》は、大切な思い出の記録と記憶を一冊の“本”にするために開発されたフォトブック。身近なリビングやダイニングに置いておくことで、そのときの思い出を、いつもそばに感じてみてはいかがでしょうか?

Photoback
  • 81949
  • 832
  • 0
  • いいね
  • クリップ

生活に溶け込む、徹底的にこだわり抜かれた一冊

最近、データから手軽に作成できるフォトブックサービスが増えてきていますよね。格安で手軽に作れる物もありますが、それでは物足りない……。かといって、本格的すぎるのも気後れしてしまう……。など、「クオリティやコスパを考えるとちょうどいいフォトブックが見つからない!」といったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、〔コンテンツワークス〕が開発した《Photoback》。おしゃれにこだわった上質なフォトブックを、何と1冊から作成できるんです! クオリティ的にも「これまでの格安フォトブックでは仕上がりが心配だった」という方にこそ、安心して選んでいただける仕様になっています。

完成したフォトブックは、お部屋に飾るのがおすすめ。表紙の写真や、お気に入りのページが見えるようにディスプレイすれば、インテリアとしても大活躍しますよ!

プレゼントに悩む方にもおすすめしたい《Photoback》

「今度の記念日には何をあげよう? 今回はいつもより、“特別な贈り物”にしたいな……」そんな風に、大切な人の顔を思い浮かべることがあると思います。《Photoback》なら、いつもより“特別”で“オリジナル”なフォトブックをプレゼントすることができるんです! 

例えば……

・旅行の思い出を一冊にして、一緒に行った友人と共有する。
・母のオリジナルレシピを、本としてまとめてプレゼントする。
・子どもがすくすく育つ様子を、いつでも手に取れるアルバムで両親に報告する。
・結婚を迎える友人に、仲間と一緒にサプライズとして写真集を贈る。

などなど、アイデアはたくさん! ていねいな仕上がりが特徴の“本”という形にすることで、写真は新たな思いがこもった「贈り物」になり、お相手にも記録以上の「感動」を届けることができるはず。

《Photoback》がおしゃれに仕上がる、3つの“こだわり”

《Photoback》が、他のフォトブックよりおしゃれで上質な仕上がりになるのは、理由があるんです!

《Photoback》は、次の3つのことに、徹底的にこだわっています。

①“紙”のこだわり
《Photoback》の紙は、数万種類から選び抜かれたもの。あえてマットな質感を採用し、写真の雰囲気がより伝わるよう設計されています。また、より1冊の本としての完成度が高まるよう、フォトブックの種類によっても紙を変えています。

②“本”のこだわり
本にするのは、大切な思い出の記憶。だからこそ、写真が自然に表現できる画質や、文字とレイアウトの絶妙なバランスにこだわっています。同時に、特徴を生かした2種類の製本方法や帯のクオリティなど、書店に並ぶ書籍のような仕上がりを実現しています。

③“編集”のこだわり
面倒な編集作業も、直感的な操作性で誰でも簡単にできるよう工夫されており、パソコンだけでなくスマホやアプリからも編集が可能! わからない場合は専属スタッフが親身になってサポートしてくれるので、はじめてフォトブックを作成する場合でも安心です。

特別感のある一冊を、7種類から選択可能

「大切な写真をどう見せたいか?」というのは、思い出や用途によってまったく違ったものになることも。《Photoback》は、そんなさまざまなシーンに対応できるよう、サイズや質感の異なるフォトブックを7種類そろえています。ここでは、《Photoback》を代表する2種類をご紹介します。

《FOLIO》
満足度ナンバー1の高級厚紙製本。ずっしりと重厚感のある《FOLIO》は、Photobackの中では一番厚く、重みがある一冊。結婚・出産・七五三など、特別な記念や大切な瞬間を残すのに最適です!

しっかりとノド元までフラットに開く「合紙製本」タイプだから、パノラマ写真や集合写真も見開きいっぱいに大きく表現できます。見開きを立ててお部屋に飾りやすいところも、合紙アイテムのおすすめポイント♪

専用ケースがオリジナルの特別感をさらに演出してくれる上、長期保管にも安心です。

《LIFE》
写真も言葉もたっぷり見せられる、A5判サイズの定番アイテム。何気ない日常から旅行まで、どんなシーンでも相性抜群。文字もたっぷり入るので、レシピ集にもおすすめです。

まるで本屋さんで売っているような書籍らしさを追求した「くるみ製本」タイプは、手になじむソフトな仕上がりで、帯や奥付など、いたるところに“本”らしさを感じられるアイテムです。

お部屋でリラックスしながら、気軽に見返せるお気に入りの本のように、あなたの生活に溶け込む定番の1冊になることでしょう。

この他にも5種のフォトブックがあり、豊富な全7種類から選ぶことができます。価格も1,000円~9,400円と幅広く、用途やシーンによって使い分けが可能。1冊からこだわりの品質で本が作成できるため、トータルのパフォーマンスとして考えると、コスパ的にも優秀なんです。「気軽に一冊試してみたい♪」という方にもおすすめです!

《Photoback》なら、新たなライフスタイルが見つかるかも?

あなただけのストーリーを一冊に

これまで、単なる「記録」として残していた写真データを、あなただけの“本”にまとめてみてはいかがでしょう? 《Photoback》となら、見すごしていた日常の風景からも新しいライフスタイルが見えてくるかもしれません。インスタグラムにアップした写真も取り込めたりと、手軽ながらも生活の記憶をより濃いものにすることができそうですね。

“自分だけの一冊”を作ることで、何でもない日常が“スペシャル”な出来事の連続だったと気づくかもしれません。記録を思い出に、記憶は思い出から贈り物に。そんな上質な日々を、《Photoback》と始めてみませんか?

  • 81949
  • 832
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード