庭がなくても大丈夫!ベランダでのガーデニングのアイデアまとめ

「ガーデニングを楽しみたいけど、マンションなどに住んでいて庭がない」という方も多いですよね。しかし、ベランダでもガーデニングは十分楽しむことができるんです! そこで今回は、ベランダガーデニングを楽しむアイデアをご紹介します。みなさんもベランダガーデニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 60967
  • 416
  • 0
  • いいね
  • クリップ

狭いベランダでもガーデニングを楽しもう

Chiakiさんはたくさんのグリーンを寄せ植えして、本格的なベランダガーデンを楽しまれています。

Chiakiさんがまず取り掛かったのは、ベランダの床部分です。殺風景だった床に人工芝を敷き、サークル状に敷石を置きました。柵にはアイアンラティスを立て掛け、室外機の目隠し用に板壁を作ったそう。フックや小棚を取り付けて、じょうろなどを飾っているのもおしゃれですね。

ハーブなどを寄せ植えし、雰囲気のあるベランダになってきました♪

それから3年。雨風にさらされ、木材の風合いがまるで古材のようになっています。もともと白だったガーデンウィールは《BRIWAX》でブラウンへ。グリーンの色合いとマッチしていてすてきですね♡

アイビーやサボテンなどの植物も増えて、より魅力的なベランダガーデンに仕上がっています。

ホイッパーをプランター代わりにしていておしゃれですね♡

他にも革のツールバッグでサボテンをハンギングしたり、サビた工具を吊るしたりとアイデア満載です。ぜひ、ご参考にしてくださいね。

▼Chiakiさんのアイデアはこちら▼

気に入らない壁なら隠せばいい! 賃貸でもベランダガーデニングを楽しもう

ak3さんは、さまざまな趣向を凝らしてベランダガーデニングを楽しまれています。

こちらがak3さん自慢のベランダガーデンです。賃貸とは思えないくらい、くまなくガーデニングを楽しんでいますよね。壁が気に入らなかったというak3さんは、板壁を自作して自分好みのおしゃれな壁を作ったそうです。落ち着いた色合いのウッドパネルと板壁がグリーンによく合いますね。

洗濯物が干しやすいように、またグリーンのお手入れがしやすいように、なるべく植物は壁面に寄せて配置しているんだそうです。

キャスターが付いたリメイク棚には、多肉をはじめとする小さめの植物が並びます。

オシャレなチェアを置くことでベランダを一気に格上げ☆
通販でも購入できます♪

ak3さんは、ベランダで朝ごはんを食べたり、お茶を飲みながら夕涼みをしたりしているのだとか。日々の生活に寄り添うすてきなベランダガーデンですね。

リビングからの眺めも最高にすてきです♡

▼ak3さんのアイデアはこちら▼

簡単でラク! ベランダガーデニングの手入れを最小限にする方法

fioreさんは、時間や労力を掛けずにベランダガーデンを楽しむ方法をご紹介されています。

fioreさんは、ベランダでの作業効率をよくするため植物やガーデニング用品を置きすぎないようにしているそうです。ベランダの半分をガーデニングに使用し、もう半分は開けたスペースにしているのだとか。

一年草ではなく、アイビーやオリーブ、シマトネリコ、ローズマリーなどの常緑多年草を中心に選ぶのがポイントなんだそう。これらは丈夫で育てやすく、手入れも楽に行えるため、手入れや掃除に時間を掛けられない方でも育てやすいはずです♪

fioreさんのベランダは、アイビーが圧倒的に多いのだそう。アイビーはどこのホームセンターでも購入できますし、丈夫で育ちやすいのが魅力です。アイビーの枝を15cmくらいに切り、土を入れた植木鉢に挿しておくだけでぐんぐん育ちますよ。

グリーンを飾るときは、プラスチック鉢ではないものを選ぶとよいそう。陶器鉢や木鉢など、かわいくて雰囲気のあるものを選ぶとおしゃれに仕上がります。

どのアイデアもすぐに取り入れられそうですね。ベランダガーデニングをしたいと考えている方は、ぜひご参考にしてください。

▼fioreさんのアイデアはこちら▼

ガーデニングでオシャレなベランダに♡

手入れが最小限で済むグリーンガーデニングとは?

fioreさんは、手入れが最小限で済む植物であるアイビーの剪定や挿し木の方法もご紹介されています。

グリーンは丈夫なものが多く、アイビーやドラセナ、パキラなどは挿し木で簡単に増やすことができます。

fioreさんがよく使用しているグリーンはアイビーなんだそう。枝を剪定したら挿し木をして、株を増やしているのだそうです。

アイビーの挿し木はとっても簡単です!

まず、アイビーを10cm~15cmにカットします。30cmぐらいにカットし、それを分割してもOKです。ただし、必ず根本がどちらかわかるようにしておきましょう。

根本は斜めにカットします。

根本を3cm~5cmほど土に挿したら、水をたっぷりあげてください。しばらく日陰で育て、根が生えてくるまではこまめに水やりをして湿った土の状態をキープしましょう。根付けば、通常のアイビー同様に育てて問題ありません。

ちなみに、アイビーは水栽培でも長持ちします。株が増えたら試してみてもいいかもしれませんね♪

▼fioreさんのアイデアはこちら▼

まとめ

スペースが限られたベランダでも、工夫次第でガーデニングを楽しむことができます。板壁やアイアンラティスを使えば元の壁や柵を隠すことができますし、ウッドパネルや人工芝、敷石を用いれば殺風景なベランダの床をすてきにチェンジできます。ご紹介したアイデアをぜひ参考にして、魅力的なベランダガーデンを作ってみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 60967
  • 416
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード