壁や天井に穴を開けないでなんちゃって吊り棚風シューズボックスをDIY

壁や天井に穴をあけないで、ホームセンターで安価に手に入れられる、OSB合板と全ネジボルトを使って、なんちゃって吊り棚のシューズボックスを作りました。

まずは完成写真です

壁に2本柱を立てます

すっかりお馴染みのツッパリ棒のように2×4柱を立てることができるアレで2×4柱を2本立てます。

アレとは・・
ディアウォール、ラブリコ、2×4アジャスター・・・
など、いろんなタイプがホームセンターで販売されていますよね(^^)/

私は八幡ネジ(?)を使いました

OSB合板に全ネジボルトの棒を通すための穴をあけます

シューズを載せる棚はOSB合板を使っていきます。

OSB合板を箱型にしたいので
柱と柱に丁度入るように必要なサイズでカットします。

写真がなくてすみません・・

なんですが、箱型に組み立てるまえに
全ネジボルトを通すための穴を先に開けてしまいます。

ここでの注意点は、
※穴の位置がズレると棒がまっすぐ通らなくなります。
※穴が全ネジボルトと同じ大きさだと通りにくいです。

通す全ネジボルトの直径より少し大きめに穴をあけます。
ぴったり同じ位置に穴をあけたいので、
私は、4枚重ねてしっかりクランプで固定して穴をあけました。

4枚なのは、箱型を2個作りたいので上下合わせて4枚です(^^

OSB合板を箱に組み立てます

穴あけが終わったら、ビスで箱型に止めていきます。
(猫がいたり、なにか散乱してるのはスルーで汗)

OSB合板の箱を2×4柱にビス止めします

水平を取りながら、予め図って置いた位置にOSB合板箱を2×4柱にビス止めしていきます。

全ネジボルトの長さは1mです。

下段の底の位置=
天井から1m-ボルトの厚み

最初に止め付ける下段の位置は重要です。
ズレると全ネジボルトが天井に届いない!って事になってしまいます。
下段となる箱の位置は慎重に止めます。

上段は好きな場所で。
私は、手持ちの靴の高さでだいたい決めて適当に止めました。(O型)

一人だとこの作業は難関です!
誰かに持ってもらうのがベター。
1人な私は、なんとか端材で高さ分挟んで止めました(^-^;

2×4柱にビス止めしていきます

全ネジボルトとボルトを使って・・・

ここまでくれば完成です♪

♪ ←ってこの楽しそうな感じ、ウソです。
決して楽しくない作業が待ってます。

全ネジボルトを通してボルトで留めつけていきます🔩

想像してみて下さい。
________ ←天井



|        ←全ネジボルト
●        ←ボルト
ーーーーーーーー ←OSB合板
●        ←ボルト
|        ←全ネジボルト


ーーーーーーーー




ーーーーーーーー




ーーーーーーーー


わかりづらいと思います。
とても。
この図。

天井から吊られているように見せるので
全ネジボルトを天井にくっつけてしまいます。

なので、下からOSB合板に開けた穴に全ネジボルトを通していくわけですが、
途中でボルトを止めなければなりません🔩
穴を通過するごとにボルトを配置させるのです。

つまり、全部通るまで、全7個のボルトを回し続けなければならないのです。

全7個ボルトを回しながら全ネジボルトを通す×4回

つ、疲れる・・・

作業は単純ですが、ある意味一番の難関はココかもしれません・・・

あ、言い忘れましたが、全ネジボルトとボルトはスプレーペンキで黒に塗りました。

おわかりいただけただろうか・・・2本でギブです

奥側がビスで止め付けているだけだと不安ですが、前側を全ネジボルトとボルトで止めるので、しっかり固定されます。

わーい!完成です!!

吊り棚のようにみえません?(^-^;

2×4柱のアジャスターが見えていますが、今後この辺りはもう少し手を加えていく予定です。
そもそも、娘の自転車を玄関に置く事から始まった玄関リフォームDIY
全て完成させるまで、ぼちぼちやってきます。

やっと靴が収納できるようになりました♪

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー