無垢フローリングの経年変化【オスモカラー/オスモフローリング】

無垢フローリングの経年変化ってどんな感じ?

無垢フローリングの塗装を何にするか?
そして、その後のメンテナンスしだいで、
無垢材を長く良い状態で使っていただけます。

  • 1420
  • 2
  • いいね
  • クリップ
8年経過した、ウォルナットの無垢フローリング(オスモカラー塗装・オスモフローリング)

年末に、ウォルナットの無垢フローリングのメンテナンスをしました。

こちらは、8年経過したオスモフローリングです。
ひまわり油などの植物油由来の自然塗料オスモカラーが塗装されています。
(※現在、ウォルナット材のオスモフローリングは取り扱いを終了しておりますが、
オーク材を中心にラインナップをそろえております)

専用のメンテナンス製品、オスモウォッシュアンドケアーとオスモワックスアンドクリーナーで
お手入れしました。

オスモカラーは、自然の植物油が木に深く浸透し、
木を中からしっかり保護する塗料です。

木を生かし、木をしっかり保護する塗装がしてあること。

そして、その後に、定期的にお手入れをすることで、
無垢フローリングを長く良い状態で使うことができます。

本来、無垢材は、経年によって、その魅力と味わいが増すものです。

参考までに、8年前施工当初の同じフローリングの写真がこちらです。

8年前施工当初の同じフローリングの写真です

無垢フローリングを使ってみたいなとお考えであれば、
木を生かす塗装、そして、手軽なお手入れを継続することで、無垢材の良さを増すことができる、
経年美化を楽しめるようなものを選んでくださいね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 1420
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

壁紙・ペンキ

■自然塗料#オスモカラー■無垢フローリング#オスモフローリング■外付けブラインド#ヴァレーマ■樹脂サッシ#エーデルフェンスターなどドイツの建材を取り扱っています…

オスモ&エーデルさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード