店舗も自分で作れば節約しながら楽しんでできます! NO.5

店舗DIYをやり、自分達で作り上げた空間で働くことの楽しさ!

  • 5114
  • 40
  • 0
  • いいね
  • クリップ

小さい時から、既製品のものをあまり買ってもらった記憶がなくて
自分の服から、家に置いてあるものは親父とオカンの作ったもので溢れていました。

家に来るとみんな、声を揃えていいなぁっていうけど
そんなのが、本当に嫌だった。テレビにかかる観葉植物にイライラしたり、既製品の服を着たかったし、何よりも皆と同じ格好をしたかった。どこかの陶芸家の作った器でなくて、白いツルツルしたお皿に憧れた。

お皿やコップは家族4人分買ってくるのだが、同じものなのに自然と皆がこれは親父のこれは自分のものと認識していた。触り心地や、微妙な形で認識していたんだと思う。

そんな物達に囲まれて育ったから
大きくなるにつれ、既製品の表情の無いものにびっくりした記憶もある。

プリント服地の絵柄を描く事や、染める途中過程の仕事をやりだした時にこれは、自分の仕事だって本当に思った。でも、世の中は大量生産、特に今の時代は安く早くが当たり前になった時代。
今、この業界はどんどん表情の無い物達で溢れかえって来た。

だから、下手が作ったものでも表情のある物、人間味のある物を作って
向かい会って物を販売したいという欲求が自分の中に溢れ出てきたんだと思う。

今回、店舗を作成してみて凄く思った事は
下手でも、一つ一つに表情や思いを込めて作れたこと、出来ないなんて無い。
出来なければ、後回しにすればいいし、誰かに手伝ってもらってもいい。

そうやって作れば、豊かなモノが作れるような気がしています。

さてさて、前回の続きです!!

写真があんまり残ってなくて‥
まずは、何時からはじめるのかいつ開いているのかわかる看板が必要!
シルクスクリーンで杉板にオイルを塗ったものの上からプリント!

こんな感じで出来上がりました。
インクも、アクリル絵の具100円です

OPENの看板も手書きで
階段が好きなんで、なんとか今回も階段を2×4で作成、1000円もかかってないんじゃないかなぁ。
ここに、商品並べても可愛いなって考えながら、毎日毎日何かを作っていきました。

染織デザインの仕事をやっているので、何か一つおきたい!って得意先に頼んでバスロールサインをプリントしてもらいました。ポートランドのバスの乗り場の名前を調べてデザインしました。
ガラス張りで、中が見えるので作業場部分にはちょうどいい目隠しになりました。

ガラスドアには、手書きで黒く縁取りを入れて、ゴールドの塗料で仕上げました。
これも、大変でした!
当初は金箔を貼ろうと思っていましたが、値段が‥

でもこの塗料いい感じに見えます!

ここまで出来上がったのですが、大きな看板が無いとインパクトが無いなぁって

建材用の発泡スチロール(青いやつです)を買ってきて、百均の発泡スチロールカッターで文字を一つ一つ切り抜いて、黒のアクリル絵の具で塗り、一つ一つバランス見ながら貼り付けていきました。

これもかっこいい!!

なんとか商品在庫も増やし、ビンテージエプロンのリプロダクトデザインのTシャツなんかも作成!
階段部分には、自分たちでハンドプリント、縫製したミニトートバッグ。
お店らしくなってきたかなぁ

こんな感じで、オープンを迎えました!
他に仕事をしながら、お金が無くたって、自分の手で作り上げたもの
商品もお店も全部手作り!楽しかった!大変だった!
でも、なんとか形になりました!

お店や会社は年月とともにどんどん成長していくものだと思っています。
これからも、どんどん変化していけばいいなぁって思っています。

革小物に興味のない方も、是非遊びに来ていただけたらなぁって思っています。
又、インスタ等でもドンドン写真が出てますのでよろしくお願い致します

  • 5114
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

ものを生み出して行く歯車の中ら飛び出して、見た外の世界、外の光景を見渡すだけ見渡すと。すごくシンプルな、モノ、事、に巡り会う。素敵な時間、美味しいもの、かっこい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード