【加湿器掃除してみた】パーツ別掃除法と乾燥を招く使用法

加湿器は定期的に掃除をしないと、雑菌を部屋に広げているようで気になる、という方も多いのではないでしょうか。加熱式加湿器は比較的雑菌は繁殖しにくいとはいわれているものの、本体に汚れが付着していれば同様に雑菌が繁殖してしまいます。

  • 20862
  • 373
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は加湿器の掃除を実際にやってみました。汚れに対する洗剤の種類や、洗い方も紹介します。加湿器の間違った使い方も紹介しますので、冬になると加湿器が欠かせない方はチェックしてみてください。

■目次
1.掃除方法(水垢、カルキ編)
2.掃除方法(ニオイ、カビ編)
3.逆に乾燥を招く? 誤った使用法
まとめ

1. 掃除方法(水垢、カルキ編)

加湿器の汚れで一番気になるのが、水垢ではないでしょうか。タンク内部や、蒸気の噴出口、加湿器本体などにも水垢は付着しています。

■用意するもの
・クエン酸
・ぬるま湯
・洗面器
・タオル
・歯ブラシ

水垢汚れにはクエン酸がよく効きます。100均やホームセンターのお掃除グッズコーナーで手に入れてください。洗剤を使わないため、健康に気を遣う方でも洗うことができます。

1. クエン酸水を作る

洗面器や洗面台のシンクにぬるま湯を張り、そこにクエン酸20gを溶かし入れます。このスプーンでは1杯5gです。

2. 部品を余洗い

水垢が付着した部品は、本体から取り外します。クエン酸水につけ置きする前に、流水で汚れを簡単に落としておきましょう。

3. クエン酸水につけ置き

部品をクエン酸水に入れてつけ置きします。30分~1時間くらいでOKです。ここですべての汚れが落ちなくても、後で歯ブラシを使って汚れを落とすため問題ありません。

4. 歯ブラシで汚れを落とす

クエン酸水から取り出し、落ちなかった部分を歯ブラシで洗います。

最後に流水でしっかりクエン酸を洗い流してください。クエン酸が残ると故障の原因となるため注意が必要です。

5. 水気を拭き取る

全ての部品を洗い終わったら、タオルで水気を拭き取りましょう。

2. 掃除方法(ニオイ、カビ編)

加湿器をこまめに洗っているのに、嫌なニオイがしてきたら、カビが発生している可能性があります。酵素系漂白剤やキッチン用漂白剤を使って、カビを退治します。

1. 表示に従い漂白水を作る

洗面器や洗面所のシンクなどを使い、漂白水を作ります。水と漂白剤を入れる分量は、商品のパッケージに書かれている分量を参考にしてください。

2. つけ置きする

部品を取り外したら、漂白水につけ置きします。クエン酸水と同様30分~1時間くらいつけ置きしてください。

3. 水洗いをする
漂白剤が残っていると故障の原因となるため、流水でしっかり洗い流しましょう。

洗い終わったらタオルで水気を拭き取り完了です。

3. 逆に乾燥を招く? 誤った使用法

加湿器は正しい使い方をしないと、故障の原因となります。また、間違った使い方で効果が半減する場合や、家具や壁を傷めることもあるため注意しましょう。

■アロマを対応していない加湿器で使う

アロマオイルが使えるのは、アロマ対応と商品に記載してあるものだけです。加湿器全般が使えるわけではありません。

■ミネラルウォーターを使う
浄水した水やミネラルウォーターは使用禁止です。水道水はカルキが含まれているため、浄水やミネラルウォーターのほうが便利なように感じてしまいます。カルキは雑菌の繁殖を防ぐ意味がありますから、雑菌が部屋に充満しないように水道水の使用がベストです。

■加湿器を付けっぱなしにする

寝室に加湿器を置いていると、寝ている間中付けっぱなしという家庭もあるのではないでしょうか。しかし、長時間付けっぱなしでは、必要以上に加湿してしまい、壁や布団のカビや、窓の結露の原因となるのです。加湿し過ぎはカビが発生し、健康にもよくありません。

まとめ

加湿器は紹介した方法でこまめに掃除して、清潔な蒸気で部屋を加湿しましょう。加湿器を長期間掃除しないと、抵抗力が低い人は肺炎になってしまうこともあるため、気になる方は定期的に掃除するのをおすすめします。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 20862
  • 373
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード