【外壁塗装工事】調布市G.Sマンション/外壁下地調整作業

外壁・屋根塗装時に行う作業内容や方法、日々行っている作業風景などを説明しております。

  • 876
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

SHINSEIの前野です。
調布市G.Sマンションでは足場仮設→高圧洗浄後、本日は外壁の下地調整作業を行っております。

この現場は特に外壁の劣化が著しく、クラックやそれに伴う雨漏れも数か所ありますので
塗装前の下地調整作業がとても重要になってきます。

外壁のクラックはもちろん、ズレて空いてしまった壁の隙間や穴、サッシ廻りの防水処理など、塗装前にしっかりとみていきます。

クラックは補修用のモルタルやシーリングを使用し、クラックが大きい場合にはVカットやUカットと呼ばれる補修方法で下地処理を行っていきます。
上の写真はクラックを補修用のモルタルで補修した後の写真です。

この現場はマンションですが、下地処理作業はもちろん戸建ての一般宅でも行います。
ちなみに上の写真では手すりが赤く塗装されておりますが、さび止め塗装も下地調整作業と並行して行っております。

  • 876
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私たちは安心・丁寧を心掛け、高品質の塗装工事を提供いたします。建物全体の状況をふまえた上でのご提案と、お客様と直接お取引させていただく『元請け』にこだわっており…

おすすめのアイデア

話題のキーワード