アウトドアレシピ!スキレットで焼くちぎりパン

アウトドアにあると便利なスキレット。これがあればオーブンのない屋外でもパンを焼くことができます♪
美味しいちぎりパンを焼くための、ちょっとしたポイントとレシピです。

  • 24737
  • 307
  • 2
  • いいね
  • クリップ

お菓子を作るのも食べるのも大好きな私ですが、同じくらい好きなのがキャンプ!
家族の休みがなかなか合わないのでたくさんは行けていませんが、春以降、月に1度はキャンプしています^^

毎月・・・となると、だんだんバーベキューにも飽きてきて、ちょっと変わったものも作りたくなったり。

今回は、私がよく作る、「スキレットで焼くちぎりパン」をご紹介しますね!

まずはパン生地を作りましょう!

【材料:直径15cmのスキレット1台分】

※必要な道具・・・スキレット(15cm)×2つ、ボウル、ふきん(またはラップ)、オーブンシート、スケッパー(包丁でも可)、火(ガス缶やホワイトガソリン使用のものでも、直火でも)

・強力粉 100g
・砂糖 8g
・塩 1g
・ドライイースト 2g
・水 65g
・無塩バター 8g


【作り方】

①ボウルに強力粉、砂糖、塩を入れて手で良く混ぜ、そこへドライイーストと水を加える
②よく捏ねる
③滑らかになってきたら、無塩バターを加える
④外側から中央へ生地を持ってくるようにしながらよく捏ねる
⑤滑らかな記事になったら、濡れ布巾を被せて1次発酵する(30度で40分程度、暑ければ少し短く、寒ければもう少し長く取ります)
⑥2~2.5倍にふくらんだら
⑦6等分し、丸め、濡れ布巾を被せて10分ほど休ませる
⑧オーブンシートを敷いたスキレットに、生地を丸め直しながら並べる
⑨もう1つのスキレットで蓋をして2次発酵する(30度で25~35分程度、暑ければ短めに、寒ければもう少し長くとる)
⑩これくらい膨らめばOK


普段パンを作るときはペストリーボードを使いますが、アウトドアレシピなので、ボウルの中で捏ねてみました。

では焼きましょう

オーブンシートを被せて、もう一台のスキレットで蓋をし、火にかけます。
中火で5分、そのあと裏返してもう5分。

私がよく使うのはSOTOのシングルバーナーです。
畳むととってもコンパクトになって、使いやすいし、シンプルな作りがとっても可愛い!

スキレットは直火にもオーブンにも使える万能選手!

オーブンがなくても、スキレットがあればふわふわちぎりパンの出来上がり!
型代わりにもなるし、直火でも使える万能選手です。
もちろん、ご家庭のオーブンに入れることもできます^^

外で食べるふわふわちぎりパンは更に美味しいはず!

夏の終わりが見えてきましたが、私の感じるキャンプシーズンはまさにこれから!
風が心地よく、焚火を暖かいと感じる秋以降、ぜひ出かけて作ってみてくださいね。

  • 24737
  • 307
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

キャンプと少女漫画と歴史好きな2児の母です!日々の暮らしがちょっと素敵になるようなお菓子を作りたいなと思っています。よろしくお願いします(*'▽')

おすすめのアイデア

話題のキーワード