***海外インテリアのキッズルーム風のボーダーペイントウォール♪壁紙の上に塗る塗料選びの注意点

部屋の大きな面積を占める壁。壁を模様替えするだけで、インテリアの印象が大きく変わります。キッズスペースの壁に貼った、グレー単色の壁紙をペイントで模様替えをしてみました。その時に筆者がしてしまった失敗も合わせてご紹介いたします。

  • 42107
  • 360
  • 0
  • クリップ

↑↑↑
こちらの記事に、模様替え前のキッズスペースの記事と写真、模様替え理由をまとめております

キッズスペースの壁の模様替え

2017年4月
貼ってから一年経つグレーの壁紙

ちょっとイメージを変えたいのと、海外の方のキッズルームでよく見る壁のアクセントが可愛いので上からペイントすることにしました。

こちらは太めのボーダー、

こちらはマウンテン柄と、
マスキングテープで養生したところです。

塗料を入れる容器にはアルミホイルを被せてから塗料を注ぐと、使った後容器を洗わなくてもアルミホイルを捨てれば片付けOKなので便利です。

今は、スーパーの袋を容器に丸ごと被せる方法もおすすめです。

塗らない部分は、ビニール付き養生テープ『マスカー』で 塗料がつかないようにします。

ここで、マスカーのビニールが乾いていない塗料に触って別のところが汚れそうになるという惨事発生。


ボーダーのピッチにカットしてピタッと下も貼っておくと良いと思います。

塗料の水分を吸ってやや壁紙がフニャフニャしていますが、乾いたら大丈夫でした。

乾いてから、マスキングを剥がしたらこのようになりました。

塗料が足りなそうになり重ね塗りを無理やり足らせたので少々ムラですが一部の塗装で様変わりして見慣れていた壁が可愛くなり気分が楽しくなりました。

塗料選びの注意点

この時、筆者は確認ミスをしました…

使用したのはターナーのミルクペイント。

ミルクペイント、乳由来成分で匂いも無くて塗りやすく乾きやすく色味やマットな仕上がりも良いです!


家にあるもので…と思い確認もせずに塗ってしまいました。

…ですが、裏面を見たら
塗れないもの 塩ビクロス、  
としっかり書いてありました。


上に書いた通りミルクペイントは木部に使うときすごく使いやすかったのでおすすめです!



ですが、壁紙の塗装にはそれに合った塗料があるんです。

壁紙の上から塗れるペンキ

こちらのJCOlOURや、NAVIAは壁紙の上から塗ることが出来るペンキです。


塗料を扱うショップさんに伺ってみたところ、

壁紙の上に塗ることが出来ない塗料を塗ると
壁紙に糊が付いているのでその糊が干渉してベタベタになったり、乾いた際にひび割れたりするとのことです!



このグレーの壁紙は 貼ってはがせる糊で貼っているためか、塗った時も3ヶ月以上経つ今も特に問題は無かったので一安心ですがペンキを塗る前に一度裏面を確認をしましょう。

恥ずかしながら筆者の失敗した経験から、
ご紹介させていただきました。

  • 42107
  • 360
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー