とにかく立てる!クローゼット収納術|PART1

大橋は立てるの大好き!

大体の物は取り易くなるんです。立ててみて「倒れるな…」と思ったら、カゴや仕切りで区切る!とにかく立てる!

今回は、お客様の事例をもとに、テクニックを3つご紹介します。

では早速、Let'sクローゼットデトックス!

  • 51154
  • 417
  • 0
  • クリップ

{ case 1 } クラッチバックや肩掛けカバンを絡まること無くサッと取りたい!

1歳半のお子様がいながら、いつもヒールを履いているおしゃれママのご要望です。

細い革の肩紐やチェーンの肩紐、スパンコールやビーズ、フリンジなどの飾り、引っかかり要素満載!実に様々なタイプのカバンをお持ちでした。

カバンは引き出しに収納されており、取り出す際にいつも引っかかってちょっとイライラとのこと。

そんなお悩みにはコチラ!

▶テク1|引き出し収納はとにかく立てる!

・使用アイテムはコチラ・

立てる収納で大活躍するのが仕切りスタンドです。
今回は無印良品の仕切りスタンドを使ったらいい感じに!

引出し収納のコツは上から見たときに全て見えること。つまり、重ねないでとにかく立てる!

肩紐もスタンド内に収まって絡まらなく、サッととれるようになりました。

{ case 2 } 片づけてもすぐグチャグチャになってしまって、どうも取りづらいんです。

クローゼットの上の空間って、使い方が難しいですよね〜

クローゼットの上の棚。カバンを収納されている方も多いのでは?

自立してくれないカバン。積んだり、無理やり押し込んだり、放り投げたり?!

そんなお悩みにはコチラ!

▶テク2|高い棚の収納もとにかく立てる!

・使用アイテムはコチラ・

こちらも無印の仕切りスタンドとファイルボックス縦型を利用し、ブックエンド感覚で仕切りに。

これで落下の危険もなく、安心して取り出せますね^^

↓ ↓ ↓

山積みになっていたカバンが自立して、どこになにがあるか一目瞭然♪取り出しやすくて見た目もスッキリ!

{ case 3 } クローゼットの上に、カバンを収納したい!

クローゼットや押し入れの上の空間のお悩みパート2です。やっぱり悩むところですよね…

ギュウギュウに押し込まれているとか、ガラーンとしているとか。

一見「どんな風にも使える」空間ほど、私たちプロでも悩みます。

でもちょっとした工夫で、効果が大きく変わる場所なんですよね。


普段、使わないものを入れる場合は、段ボールのまま、数個なら重ねて収納しても良いかもしれません。

しかし、使用頻度の高いものを収納する場合は、目一杯入れることよりも、出し入れのしやすさ優先が鉄則です。


このお客様は高さをうまく利用出来ず、カバンを積み重ねて収納していました。

そんなお悩みにはコチラ!

▶テク3|棚で二段、高さを利用。

・使用アイテムはコチラ・


今回使用したのは、ウッドポール。
(島忠ホームセンターで購入しました)

ウッドポールのメリットは、とにかく簡単!

付属の六角レンチさえあれば(実際は無くても大丈夫ですが)数分で組み立てられます。(昔のコタツの足を付けるイメージ。古い??)

サイズさえ合えば、板をカットしてもらったり、ビスやボンドも要らないので気軽に棚を設置出来ます。
 
高さの違うカバンにも対応できるように、段違いにしました↓

左側には背の高いカバン、右側には背の低いカバン、↓

中くらいの高さのカバンは、隣のクローゼットに↓

設置時間10分かかりませんでした。

合板を買ってカットするより、少しお値段が上がりますが、お手軽さではオススメです。(合計13,000円くらいでした)

棚板を設置することで、立て空間が利用でき、空間に余裕も出来ました。

以上です!いかがですか?

こういったことって、難しくはないけれど少し手間ですよね。

「ここに棚があったらな~」
「フックがあったらな~」

って暮らしていく中で絶対出てきます。

この「ちょっと困ったこと」を少しずつ解決していく。

解決するための「ちょっとの手間」を行動するかしないかが、暮らしやすさ、片づけやすさを実現するカギだと思います。

重い腰が上がらない…という方!

まずはなんでもいいので「とりにくいな」と思うもの立ててみましょう。

意外とハマりますよ^ー^;

< 立てる収納のメリット >

 ◎全てのモノが見渡せ探し物が減る

 ◎モノが取り出しやすくなる

 ◎残量が把握できるようになる

★Today’s Message★―――――――――

ちょっとのイライラを続けずに、
ちょっとの手間で快適を続けましょう♪

―――――――――――――――――――――

“お部屋を変え、意識を変え、習慣を変えて、人生のステージをあげる” そんなお手伝いをしています。

  • 51154
  • 417
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー