【時短家事】レンジフードのベタベタ油汚れ掃除を楽に落とす方法

大掃除の時期になると、いつも溜息がでてしまう掃除場所、レンジフード。
ベタベタ、ギトギト、扱うこと自体が億劫でたまりません。放置すると悪化すると解っていても、忙しいとつい見て見ないふりをしてしまうことも・・・。そんなレンジフード掃除が断然楽になって億劫ではなくなる方法をご紹介します。

  • 117510
  • 999
  • 0
  • クリップ

苦手なレンジフード掃除。『年1回』からあと1回だけ増やしてみる

昨年からこの方法を試しています。
大掃除に掃除する場所という認識をなくし、大掃除の時期から約半年後にもう1度掃除をするようにしました。
年1回の掃除の頃は、やはり年末の度に時間をかけてベタベタ、ギトギトを見るのも嫌でしたが、半年に1度に変えてから断然、まず見た目に楽です。汚れがひどくない様子は気分が楽に掃除が出来ます。

1回増やすだけで『掃除時間』も『ストレス』も半分以下に!!!

たった1回、試しに増やしてみると、大掃除のレンジフード掃除にかかってしまう時間も嘘のように減ります。
見た目のひどさだけでなく割かないといけない時間も減少し、掃除のストレスも減ります。
(上の画像は年1回の掃除だった頃のbeforeです)

夏の方がレンジフード掃除には向いている

油汚れは、寒い時期よりも気温が高い夏の方が汚れが落ちやすく、掃除に向いています。
夏のどこかに掃除の日を設定しておくのもいいかもしれません。

いざ、掃除!!!

ここでひと工夫、いきなり掃除をすると絡みついた油と埃の塊は、いつまでもベタベタと手やブラシに付着してとても不快です。なのでまずは油分を溶かしてから掃除します。
油分を溶かすその方法は、とても簡単・・・

『お湯』を利用し油を溶かす

掃除の第一段階は、お湯をかけて油を溶かします。
時間のない時は、溶かした後、冷えないうちに食器洗剤で洗うだけでもある程度きれいになります。
半年に1度の掃除を続けていると、このレベルで簡単に掃除が完了します。

ながら掃除のつけ置きが利く

何か他の家事をしている間、お子さんと遊んでいる間、映画を見ている間・・・なんでもOK。
汚れがひどい場合は、つけ置きが楽で便利です。
重曹やつけ置き用の洗剤を用いて何かをしている間に『ながら掃除』で時間を短縮できます。

外せないものはキッチン用アルコールで手早く拭き掃除

外せるものは全て外して上の方法で簡単に洗い、外せない本体などは、キッチン用アルコールできれいに拭き掃除します。アルコールは速乾なので、拭き跡も残らずきれいに拭き上がります。
布巾やスポンジは隅々まで使って使い捨てが楽で便利。セリアの重曹を含んでいるスティックスポンジなども愛用品です。

節約にもつながる

たった年に2回に増えただけですが特別な洗剤を買い揃えることは不要。
いつも家にある洗剤でできます。
汚れがひどくプロに任せないといけなくなることもなく、故障の原因も予防できます。
長く大切に使うことができます。

汚れもストレスも溜めない!!!

上の方法で年に2回だけ簡単掃除をすると、最後はぬるま湯で流すだけである程度の汚れがするりと落ちます。
細かい部分が気になる場合はブラシなどを使いますが、頑固な汚れをゴシゴシするイメージではなく、あくまでもパパッと出来上がります。

放置するほど
油分と埃が絡まり合い掃除が大変ですが、半年に1度なら絡まり合い始めたレベル。
汚れを溜めず、掃除ストレスを軽減し大掃除の焦りと負担を軽減してはいかがでしょうか?

ブログも是非!!!

家事時短、収納のコツ、すっきり見せるインテリア、DIY、100均、ニトリなどプチプラで使えるもの情報まで、ブログでは日々提案を続けていますので是非ご覧になって下さい。

  • 117510
  • 999
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー