日当たりの良さが魅力。窓が多い部屋の家具レイアウト実例まとめ

賃貸インテリアのアイディア集

  • 52
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1K・ワンルームの窓が多い部屋

【7畳角部屋1K】ベッドを窓側に寄せる

7畳ほどの二面採光の居室は、南向きで大きな窓が2つあって、天気がいいと陽射しがよく入ってくるのが良かったところ。家具は色々な配置を試されたあと、「ドアを開けて部屋に入ったときに、部屋ができるだけ広く見えること」を考え、今のポジションに落ち着いたそう。

ベッドは明るい窓側にぴったり寄せて配置。腰高窓の側には、高さがぴったりのチェストを置くことで、収納も確保しています。

動線を塞がないよう、部屋の真ん中は低い家具で揃えます。ローテーブル、テレビボードとして使用しているスタッキングシェルフ、チェストは全て無印良品で統一。

【22㎡ワンルーム】それぞれの窓で空間を使い分ける

22㎡と小さいながらも、窓がなんと3面にあって明るいリノベーション賃貸のお部屋。それぞれの窓の前の空間を使い分けていらっしゃいます。

お部屋の真ん中にある窓にはデスクを配置。また、窓の対面にソファを置いてくつろぎとお仕事のスペースに。

お部屋の奥に位置する窓はベッドスペースにたっぷりとした光を与え、自然光だけで朝から目覚められる空間に。

キッチンもとても明るい!ちょっとした出窓スペースには調理道具だけでなくお花を飾るなど、彩りをそえられていました。

【10畳横長ワンルーム】間仕切りを使って空間を仕切る

こちらは10畳の横長ワンルーム。掃き出し窓が正面の壁いっぱいにあるため、あえて真ん中にはほとんど家具をおかず、デスクとベッドは側面の壁に寄せたレイアウトです。

真ん中には DRAW A LINE のネットを使って、ゆるく間仕切りを。間で仕切っても、窓がどちらの側にもあるので暗くなることもありません。

くつろぐときはベッドをソファがわりに。集中するときには壁に向かったデスクで。オンとオフを切り替えやすいお部屋です。

1LDKの窓が多い部屋

【2面採光LDK】窓の高さを超えない家具で揃える

ヴィンテージマンションの1室、2面に窓があるお部屋。腰高窓の側にぴったりソファを寄せて配置。居心地の良いカフェのような雰囲気の素敵なお部屋に。

カーテンレールを利用して、たくさん植物も飾られています。

全ての家具が、腰高窓の位置を超えない高さで揃えられているので、広々として見えるのも特徴です。

【横長LDK】ブラインドですっきり、窓と窓の間で間仕切りを

こちらは窓に対して横長の広いLDK。レコード棚とソファを窓と窓との間に置いて、緩やかにダイニングとリビングを仕切っています。

置き畳を敷いて、和モダンな雰囲気に整えられたリビング。カーテンレールに取り付けられるブラインドで、すっきりと見せています。

窓と窓との間には、こんなふうに植物と好きなレコードを飾ってワンポイントに。

【2面採光LDK】隙間を活用して収納をつくる

レイアウトのしやすさが気に入って選ばれたという43㎡の1LDK。大きな掃き出し窓と、腰高の窓がある2面採光のLDKです。

窓と窓の間には、ラブリコを使ってぴったりサイズの棚を配置。お二人が好きな本やCD、DVDなどが、ぴったりサイズの棚にうまく収まっています。テレビの上にはロールスクリーンを配置し、プロジェクタで映像を楽しむそう。

こちらのキッチンカウンターもDIY。しっかりと測って、部屋にぴったりのサイズで作られているため、掃き出し窓の前の空間は邪魔せずにうまく家具を配置されています。

こちらもおすすめ

《2021》6畳〜8畳の1K・ワンルーム、家具配置の全12パターンをまとめました

小さな暮らしの真ん中に。ダイニングテーブルが主役の一人暮らし・二人暮らしのインテリア実例まとめ

おしゃれなインテリア実例いっぱい。 goodroom journal

  • 52
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸情報サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど…

goodroomさんの他のアイデア

おすすめのアイデア